新県庁舎に防災情報ネットワークが完成
井手県議の提案が実現。総合的な防災対策の拠点整備。

990512bousai


990512ide_bousai  平成11年4月8日、新県庁舎の開庁に合わせて「茨城県防災情報ネットワークシステム」が稼働しました。

 このシステムは、平成7年3月に阪神淡路大震災を教訓にして設置された「県議会災害対策特別委員会」で、井手県議が総合的な防災対策拠点の整備を訴えた提案が実現したものです。

 井手県議も提案の要旨は、

 ̄卆鰻呂般祇系(防災行政無線)、インターネット・パソコン通信、そして既存の携帯電話・衛星携帯電話などを組み合わせた多重ネットワークシステムの構築。

⊆然災害、地震、原子力災害などに対応できる24時間体制の危機管理センターの整備

K漂劵悒螢灰廛拭爾寮鞍とヘリビデオシステムの導入

などでした。

 こうした提案を受け今回稼働した「防災情報ネットワークシステム」では、通信衛星(スーパーバード)を利用した衛星通信ネットワークが導入されました。

 また災害対策本部、災害対策室、情報誌司令室などからなる防災センターが新県庁舎6階に整備され、24時間対応の危機管理センターの機能を備えることになりました。この防災センターには、環境監視システム(原子力施設防災システム)の情報も集約され、また地震被害予想システムと震度情報ネットワークも一元化されています。

970716heri_vide 防災ヘリコプターは平成7年に導入され、翌年にはヘリビデオシステムも搭載されました。県警のヘリコプターにも同システムが導入され、機動力ある情報収集システムとなっています。更に、県庁24階には高性能ビデオカメラが設置され(東西南北の4カ所に設置)、水戸市内を広くカバーすることが出来るようになりました。

990511kentyou  
県庁の屋上に設置された防災機器
防災用(緊急)ヘリポート
衛星系防災ネットワーク用パラボラアンテナ
防災行政無線アンテナ
高感度・高性能ビデオカメラ




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。