000107logo

991027kouzui 99年10月27日に発生した日立市内の河川の氾濫について、井手県議は被害状況を把握するとともに、その対応を県と日立市に強く要望しています。
 このページでは、瀬上川、大沼川、大川、十王川を中心に日立市の浸水対策を特集します。


時間雨量88ミリの豪雨で350件以上の浸水被害

991027gouu 10月27日夜、日立地方を襲った集中的な豪雨は、時間雨量で88ミリを記録し、日立市内の中小河川の多くが、雨水の処理能力を超え氾濫しました。

 特に、南部の瀬上川、大沼川、多賀駅付近の大川では、350件以上の浸水被害が発生しました。

 井手県議は、浸水被害者の支援を行うと同時に、その状況を調査し、日立市並びに県に対応を強く求めています。

 久慈町を流れ日立港に注ぐ瀬上川は、昭和47年から平成6年にかけて改修工事が行われ、日立電鉄久慈浜駅前を除いてほぼ工事が完成しています。

 しかし、瀬上川は上流と下流の高低差が少ないく波浪や高潮の影響を受けやすく、河口部の水門と強制排水用のポンプの設置が課題とされていました。

 井手県議は、市当局と十分に協議の上、12月の県議会で、河口水門とポンプ施設を新規事業として、国の補助を得て実施することを提案しました。

 この提案に対して、県土木部の河川課長は、平成12年度に国補事業として概算要求することを正式に答弁しました。このことによって、瀬上川の改修が具体的に進むことになりました。

 総予算が10億円程度かかる模様ですが、国補事業採択に向けて、井手県議は国会議員とも連携をとり努力していく予定です。

 一方、大沼川に関しては、平成7年より日立市の事業として下流部の海端団地内で改修工事が進んでいます。大沼川の現川を改修する事業と北側に分水路を作る計画ですが、現川の改修が完了した後、分水路の工事を開始する予定です。

 井手県議らは、,海硫捨域の工事を早期に完了すること、中流部のJR常磐線山側の応急対策を行うこと、B臂唾鎮脇發遼楡遒隼拈遒旅舂部の応急対策の三点を強く要望し、12月6日には高萩土木事務所に要望書を提出、県議会でも事業推進を訴えました。

 また、地元大沼学区コミュニティ推進会自主防災本部を主体に、多くの市民を巻き込んでの署名運動が行われ、12月24日には県土木部長に、同じく27日には日立市長に署名簿が届けられました。