茨城県日中友好協会春の交流会に参加、中国からの観光客獲得などに関して意見交換

県議会公明党政調会(新年度の政務活動について打ち合わせ)

日立市役所でシティプロモーションについて打ち合わせ


新人職員 新たな一歩 県庁で入庁式
茨城県は4月2日から、新年度の業務を本格的にスタートさせました。大規模な組織改編が行われ、企業誘致や農産物販売を担う「営業戦略部」などが新たに発足。新規採用職員の辞令交付式がありました。
新採職員の辞令交付式は水戸市笠原町の県庁で開かれ、前年より20人少ない209人(うち女性72人)の新人職員が社会人の第一歩を踏み出しました。
大井川知事は「前例がないと動けないという爐役所仕事瓩鯊杷砲靴董県民のために何が本当に必要か考え、よりよい行政サービスを追い求めてほしい」と訓示しました。
新たな部署の一つ、営業戦略部では、2日日の朝礼で堀江英夫部長が、「最も大事なのは成果を出すこと。民間企業の営業マンになったつもりで、失敗を恐れずチャレンジを」と、出席した職員約80人に決意を伝えました。

歩数【6000】歩・移動距離【88】km