JR日立駅で県議会報告(映画「ある町の高い映画」の制作進捗状況について)

営業戦略部、政策企画簿より所管事業などについて聴き取り

久慈川河川敷の菜の花
久慈川河川敷の菜の花
日立市の南を流れる久慈川は、長さ124キロの一級河川。この河川敷が、今、菜の花でいっぱいになっています。日立市と久慈川菜の花エコネットワーク推進会が協力して栽培しているもので、菜種を収穫して食用油を精製、利用する事業です。
常磐線からもよく見えます。大甕駅と東海駅の間、線路の山側の久慈川河川敷をご覧ください。5月中旬ごろまで満開の菜の花が楽しめます。国道245線の久慈大橋(赤い橋)の山側、久慈川の北岸です。

歩数【3000】歩・移動距離【93】km