朝の県議会報告をJR日立駅で行う

映画「ある町の高い煙突」ロケ現場を調査(日鉱記念館敷地内)

水戸市内で中小企業の経営者と意見交換

県議会で動物愛護の新たな取り組みについて聴き取り


FDA、北海道便を6月からチャーター運航
茨城空港から北海道の稚内や中標津などの空港に向かうチャーター便が6〜7月に運航されることになりました。
5月9日、運航を担うフジドリームエアラインズや稚内市、中標津町の関係者が、茨城県庁を訪れ、大井川和彦知事に初夏の北海道旅行をPRしました。
FDRの三輪徳泰社長は「夏の北海道は大変人気がある。チャーターは道北、道東に直接行ける」とあいさつ。工藤広稚内市長は「真夏でも気温は20度台。清涼感を味わってもらえれば」と話し、樺太を島と発見した間宮林蔵がつくばみらい市出身であることに触れ本県との縁を紹介しました。西村穣中標津町長はカニやサケなど豊富な海の幸を挙げ、来訪を呼び掛けました。
大井川知事は「北海道は魅力度が常に1位で、連続最下位の茨城とは逆」と、民間調査会社の魅力度ランキングを挙げて笑いを誘い、「冬の寒さが大変と思ったら、ぜひ茨城に来て」と宣伝を忘れませんでした。
県空港対策課によると、茨城空港の同社チャーター便は2016年度から始まり、片道ベースで同年度8便、2017年度22便を運航。2018年度は7月までに26便の予定で、年々拡大していまする。

歩数【6000】歩・移動距離【100】km