日立市内で県議会報告、県政懇談会を開催

水戸市内で住民相談(県道整備の要望聴取)


浅田真央さん初来県、県庁25階で「浅田真央展」開幕
フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリスト、浅田真央さんの歴史をたどる「浅田真央展」が8日、水戸市笠原町の県庁25階展望ロビーで始まった。19年茨城国体・全国障害者スポーツ大会を盛り上げようと企画。浅田さん本人が出演し、オープニングセレモニーが同所で開かれ、詰め掛けた大勢のファンが見守る中、テープカットなどで開幕を祝った。
浅田さんを一目見ようと、県内外から約600人が開場前から長い列をつくり、先着200人がセレモニーの参加切符を手にした。
セレモニーで、大井川和彦知事が「浅田さんが茨城国体を応援しに来てくれた。お会いできて感激」とあいさつした。
浅田さんは「茨城は初めて。大勢の人に来てもらってうれしい。見どころいっぱいの真央展を楽しんで」と述べた。「(茨城名産の)サツマイモと納豆が大好き」と狄娠スマイル瓩鯣簣すると、熱狂的なファンから「真央ちゃん好き」「かわいい」などと声援が飛び交った。徹夜で並んで一番乗りした女性3人は「スケートする姿も、人柄も、笑顔も、真央ちゃんの全てが好き」と目を輝かせた。
その後、セレモニーに参加できなかったファンの元に駆け付け、笑顔で感謝のメッセージを送った。
同展は浅田さんの歴史をたどる写真をはじめ、五輪の衣装やメダルなど貴重な約70点を展示している。6月8日〜17日。入場無料。

歩数【6000】歩・移動距離【96】km