倒壊した小学校の塀の様子
 6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震があり、大阪府高槻市などで震度6弱の揺れを観測しました。
 大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは、大正12年に統計を取り始めてから初めてで、気象庁は今後、1週間程度は、最大で震度6弱程度の揺れを伴う地震に十分注意するよう呼びかけています。
 気象庁の観測によりますと、震源地は大阪府北部で、震源の深さは13キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。
 この地震では4人の方が亡くなっています(18日22:00現在)。市立寿栄小学校に通う女子生徒は、登校途上、小学校のプールの塀が倒壊し、その下敷きとなり死亡しました。
 高槻市は夕方の記者会見で、倒壊したブロック塀が「違法建築物」だったことを認めました。
 ブロック塀は高さ約3.5メートル。約1.9メートルの基礎部分に、約1.6メートル分を積み上げた構造でした。塀はプール沿いにあり、基礎部分は1974年に設置。積み上げ部分は目隠し代わりに造られましたが、設置時期は不明です。
 建築基準法施行令では、ブロック塀の高さは「2.2メートル以下」と定められています。市の担当者は「事故が起きるまで違法性を認識していなかった」と説明しています。3年に1回、業者に校舎などの点検を委託していましたが、塀に関する報告は今まで、ありませんでした。
 行政がしっかりとした建物や構造物、通学路の安全点検をしていたならば、この事故は避けられていたことになります。
 SNSによると、高槻市内の別の中学校でも、同じような構造の塀が作られ、ひびが入っていることが確認されています。(SNSに投稿された写真を転載)早急な対策が望まれます。
参考資料

茨城県議会公明党は教育長に緊急要請
 井手よしひろ県議ら茨城県議会公明党議員会は、18日午後、茨城県の柴原宏一教育長に、学校施設と通学路の安全点検を強く求める要請を行いました。
 以下その全文を掲載します。
学校施設・通学路の安全点検に関わる緊急要請

 本日(6月18日)、大阪北部を震源とする震度6弱の地震が発生し、大阪府高槻市内の小学校に通う児童が、同小学校プール脇を登校中、地震の揺れによってプールのブック塀が崩れ、その下敷きになって死亡するという痛ましい事故が起きました。
 未来ある子どもたちの安心安全を守ることは、教育行政の重要な責任であります。
 貴職におかれましては、このような悲惨な事故を防ぐため、県内市町村の全小中学校の施設、および通学路に危険個所がないか緊急点検を行うよう、強く要請いたします。
平成30年6月18日

茨城県教育長 柴原宏一 殿
茨城県議会公明党議員会
代表 井手義弘
磔 進
田村けい子
八島功男