県議会代表質問【東海第2原発の運転延長・再稼働問題】
 9月6日、平成30年第3回定例県議会代表質問が行われ、公明党を代表して井手よしひろ県議が登壇しました。
 井手県議は、1.今後の県政運営について、2.スマート自治体を目指す茨城県の基本的な視点について、3.国体・障害者スポーツ大会、東京オリンピックの開催について、4.激甚化・大規模化する自然災害への事前防災について、5.東海第2発電所の運転延長・再稼働問題について、6.SDGsによる県政活性化について、の6点にわたって大井川知事との論戦に挑みました。
 この動画は、東海第2原発の運転延長・再稼働に反対する立場から、1.新たな原子力安全協定をどのように評価するか。2.新たな原子力安全協定を交わした一自治体が、再稼働に明示的に反対の意見を示した場合、私は茨城県として再稼働を承認すべきではないか、3.運転延長や再稼働に対する民意を、どのように集約するのか、3点を大井川知事に質問しました。