公明党結党大会
 今日11月17日は、公明党の54回目の結党記念日です。公明党を献身的に支え、育ててくださっている党員、支持者、創価学会員の皆さま、広範な県民の皆さまに心から感謝と御礼を申し上げます。結党のこの日に改めて確認したいのは、公明党が一貫して掲げ、実践してきた「中道主義」「中道政治」の重要性が、いや増して高まっていることです。
 欧米諸国では社会の分断、対立が顕在化し、ポピュリズム(大衆迎合主義)の政治が蔓延しています。
 日本の場合は、歴史的、文化的な背景が異なり、直ちに欧米と同様の事態が起こるとは思いませんが、国民の政治に対する不信や不満に真摯に耳を傾ける取り組みを真摯に進めなくてはなりません。その意味から、(1)政治の安定(2)国民的な合意形成(3)建設的な政策提言――を重視する公明党の「中道政治」を進めることは、ポピュリズムの火の手を防ぐ有効な手だてです。
 英国の政治学者、アーネスト・バーカーは「政党は、一方の端を社会に、他方の端を国家にかけている橋である」と規定しました。
 中道政治の担い手である公明党が、国民と政治をつなぐ“かけ橋”の役割を果たしていかなければなりません。
茨城県議選公認候補
 公明党は今年、国民のニーズを的確に捉える活動として「100万人訪問・調査」運動を展開しました。多様化する民意の本質をつかむには、徹底した一対一の膝詰めの対話が欠かせないからです。グローバル化の進展や人口減少・少子高齢化などに伴う課題が複雑に絡み合う中、多くの国民が納得する「最適解」を導き出す努力が、これまで以上に求められているのです。
 公明党議員は「100万人訪問・調査」の経験を今後の活動に生かすとともに、どこまでも「人間の幸福」を立脚点とした政策立案にまい進していきたいと決意します。

 公明党茨城県本部としては、地域の中で国連の持続可能な開発目標SDGsの達成を目指し、県民の声を県政に活かしていきたい。そして、「住んでいる人が幸せと実感できる茨城」を県民の皆さまとの協働で創ってまいります。
 結党55年となる来年は12年に1度、統一地方選と参院選が行われる「亥年の選挙」の年です。その前哨戦として11月30日告示、12月9日投票の茨城県議選は全国注目の選挙です。民意に応える中道政治を進めていくためにも、断じて負けるわけにはいきません。必ずや連続勝利し、日本の、茨城の未来を切り開くことを誓います。