いばらき結婚応援パスポート
 11月22日は"いい夫婦の日"です。この日を記念して、茨城県は新婚の夫婦や結婚を予定しているカップル向けの優待制度をスタートさせます。いばらき結婚応援パスポート「iPASS(アイパス)」11月22日から配布します。専用のカードかスマートフォン(スマホ)アプリを配布し、ウエディング関連や飲食店といった協賛店舗で提示すると、割引などの各種サービスを受けられます。県としては、新婚生活やその準備を経済面で支援し、結婚に踏み切るカップルを増やすのが目的です。新婚夫婦にはブルー、未婚のカップルにはピンクのカードを配布します。対象は2018年4月以降に結婚した夫婦か、おおむね1年以内に結婚を予定するカップル。結婚前のカップルは自己申告で認めるようにし、同棲婚など事実婚の場合も受け取れるようにします。
 アイパスはスマホアプリをダウンロードするか、申請書を郵送し申し込みます。新婚夫婦は婚姻届の提出時に、市町村の窓口で紙のカードでも受け取れます。有効期限は結婚日または発行日から1年間です。
 現時点で協賛店舗は250店程度で、今年度中には500店以上を目指します。
 具体的には、結婚式場の料金を10%引き、貸衣装の代金を20万円引きなどの特典が得られます。また、ランチの料金を5%引き、ディナーを10%引きの特典を提供するホテルなどもあります。
 詳しくは、いばらき結婚応援パスポート「iPASS」の専用ページをご参照ください。https://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/ipass/
 このiPASSは、公明党のたかさき進県議の提案が実現したものです。高崎県議は、平成29年6月議会で「結婚を支援する優待制度」の創設を提案。「(結婚したカップル、結婚を予定するカップルへの)優待制度を作ることによって、社会全体で県民の結婚を応援する機運醸成を図るのみならず、事業に協賛し、特典を提供していただく地域の店舗や施設の利用が促進されることで、県内経済の活性化にもつながる」と訴えました。
 当時の橋本昌知事は、この高崎県議の提案に対して「新婚夫婦や結婚を予定しているカップルを対象とする商品の割引等を行う優待制度は、若い世代の結婚に伴う新生活を経済的に支援することや、社会全体で結婚を応援する機運の醸成、さらには、地域経済の活性化にもつながることが期待されます。県におきましては、平成19年度から、いばらきkids clubカードを、平成26年度からはいばらきシニアカードを導入いたしましたが、いばらきkids clubカードにつきましては、現在、県内の協賛店舗数は5700店舗を数え、昨年度からは、子育て支援パスポート事業の全国共通化に伴い、全国で利用できるようになりました。また、シニアカードにつきましても、導入から2年半で約3400店舗の御協賛をいただくなど、多くの子育て家庭や高齢者の皆様に活用されております。これらと同様の優待制度を結婚支援に導入するに当たりましても、県内全域で多くのお店に協力、参加していただけること、多くの新婚夫婦や結婚予定カップルなどに幅広く利用していただけることが重要となってまいります。県といたしましては、今後、他県の実施状況も参考としながら、活発な利用を促すためにも、対象範囲や協賛内容などについて、市町村や結婚式場、賃貸住宅、家具・家電販売店等の結婚・新生活に関連する事業者などと協議し、優待制度の導入に向けて検討してまいりたいと考えております」と、積極的に導入する方向性を示していました。