神戸製鋼真岡発電所の完成予想図
 電力の小売りに参入し、自前の発電所を増強している「東京ガス」は、茨城県内の2か所で計画していたLNGの火力発電所について、建設を断念すると明らかにしました。
 断念する理由について、送電線の整備に多額の費用がかかり、事業の採算がとれない見通しになったためと説明しています。
 その一方で、千葉県袖ケ浦市で計画しているLNGの火力発電所については、九州電力と共同で新会社を設立しました。発電能力は最大200万キロワットで、2020年代後半の稼働を目指すとしています。
 東京ガスは、家庭向け電力の小売り自由化で、およそ200万件の契約を獲得しいわゆる「新電力」としては大手となっていて、2020年代に自前の発電能力を500万キロワットにまで拡大する方針でした。
 茨城県内の2つの発電所を断念したことで、達成は難しい情勢になりましたが、東京ガスでは電力の卸売市場などでの調達にも力を入れて供給力を確保していくことにしています。
 一方、東京ガスの日立LNG基地からパイプラインで天然ガスの供給を受ける、神戸製鋼真岡発電所(写真)は、2019年後半に1号機、20年前半に2号機が稼働する予定です。真岡発電所の電力供給は、それぞれ62・4万キロワット。合計120キロワットを超える発電ができます。この発電量は東海第2原発の110万キロワットを凌駕します。
 私は、県議在職当時から、東海第2原発を廃炉にして、日立市内に真岡発電所と同等のLNG発電所を整備し、送電網は東海第2原発のそれをそのまま活用するべきと提案してきました。
 今回の断念の理由が、送電線整備費用の問題であるだけに、とても残念な結果です。