原発事故・原子力政策

東海第2原発、再稼働にむけて工事計画書を認可

原発事故の避難計画、住民への周知進まず

東海第2原発、新規制基準に合格/県議会代表質問での質疑

東海第2原発が新規制基準に合格/再稼働には直結せず

日本原電と20キロ圏内の8市町と新たな安全協定

東海第2原発の運転延長・再稼働問題についての視点(2018年夏版)

東海第2原発の避難計画/施設入所の要支援者は“屋内退避”

東海第二原発/安全審査事実上合格、再稼働には直結せず

水戸市議会で東海第2原発の再稼働に反対する意見書を可決

福島第1原発を2回目の現地調査/茨城県議会公明党

東海第2原発、新たな安全協定と周辺自治体の責務

東海第2原発、再稼働・運転延長に周辺5市にも「実質事前了解」

“住民理解なき再稼働は認めない”水戸市議会が意見書採択へ

井手県議の代表質問【原発再稼働中止と原電の廃炉専業事業者への業態変更を提案】

東海第2原発/運転延長、再稼働問題へ逆風強まる

東海第2原発は廃炉に、日本原電は廃炉専業事業者に転換を

越年する最大の課題は“東海第2原発の運転延長、再稼働”

東海第2原発の過酷事故に対応する広域避難計画素案/日立市がまとめる

天下の迷言「原子力安全協定は『事業推進』の立場でのみ存在する仕組み」

東海第2原発運転延長申請、安全協定を県と6市村に拡大

東海第2原発、20年運転延長を申請へ

東海第二原発、審査書案取りまとめへ

日立市が福島県の17市町村と原発広域避難協定を締結

【茨城県知事選2017】東海第2原発再稼働問題が重要な争点に

原子力機構のずさんな管理体制が明らかに:作業員被ばく事故

原子力機構被ばく事故:対応の問題点を県議会常任委員会で取り上げる

原子力機構大洗研究開発センターを現地調査、要請書提出

原子力機構:被ばく事故の初動対応に大きな疑問

「ビニール破裂は想定外」国内最悪の内部被曝事故、原子力機構大洗研究開発センター

茨城県内の指定破棄物、8000ベクレル以上は83.2%減少

那珂市が東海第2原発に関して市民アンケート

東海第2原発の原子力安全協定に関する議論のまとめ

原子力安全協定は、住民の意思を原子力事業者に伝える大切なツール

原発再稼働問題を“県政世論調査”の設問項目に

東海第2原発:原子力安全協定を周辺市にまで拡大を

原子力安全協定を周辺自治体にも拡大を

原電社長、原子力安全協定の拡大を否定

東海第2原発、来年が大きな転機に

福島第1原発廃炉賠償に21兆5000億円、賠償費の一部を電気料金に上乗せ

東海第2原発稼動から38年、廃炉か20年延長か、決断の節目近づく

夜ノ森のさくら2016、今年も元気に咲きました!

東海村議会が、早期の安全審査を求める意見書提出

原発事故から5年、東海第2原発再稼働についての考え方

「指定廃棄物」処理、茨城ルールを膠着打破の契機に

茨城県内の指定廃棄物は市町村ごとに分散保管を決定

東海村議選24日投票、最大の争点は“原発の再稼働”

茨城県内の指定廃棄物、国が“分散保管”容認へ

東海第2原発の営業運転開始から37年

福島の汚染土を減容化、可動式洗浄装置を現地視察

日立市内企業、放射性物質で汚染された土壌の減容化装置開発

自己紹介
井手よしひろのプロフィール

茨城県議会議員の
井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。

http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: