トリチウムは放射線弱く、外部被ばくせず/水産物を食べても支障なし

田内広・茨城大学大学院理工学研究科教授
 4月13日、政府は東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水について、十分に希釈した上で2年後をめどに海洋放出する方針を決定しました。
 健康への処理水の影響や、漁業者らに寄り添う風評対策の重要性について、政府の「処理水の取扱いに関する小委員会」委員を務めた田内広・茨城大学大学院理工学研究科教授のインタビューを、4月20日付けの公明新聞より掲載します。

田内広教授 政府の小委員会では昨年2月、処理水の処分方法は国内外の規制や技術などの面から海洋放出か大気放出しかないと結論付けた。こうした問題は時間の経過とともに解決が難しくなるし、方向性を決めないと具体策も打てない。今回の決定は、政治が責任を取る決断をしたという意味で評価できる。

■そもそもトリチウムとはどんな性質を持つのか。
田内教授 トリチウムは、宇宙から降り注ぐ「宇宙線」と大気中の窒素などが反応して地球上に自然に発生している。「三重水素」とも呼ばれる放射性物質で、水のかたちで川や海などに含まれている。トリチウムが放出する放射線「ベータ線」は弱くて、水中では約1000分の5ミリメートルしか進むことができず、皮膚を通過できないため、外部被ばくは起こらない。
続きを読む

福島第1原発の処理水/2年後めどに希釈し海洋放出へ

福島第1原発の処理水タンク群<東電のホームページより>
不安払拭へ説明丁寧に、風評被害防ぐ万全の対策を
 4月13日、政府は東京電力福島第1原発(福島第1原発)から出る放射性物質トリチウムを含む処理水への対応を話し合う関係閣僚会議を開き、2年後をめどに希釈した処理水を海洋放出する方針を正式決定しました。菅義偉首相は会議で「処理水処分は廃炉に避けて通れない課題」と述べ、決定に理解を求めました。政府や東京電力ホールディングス(HD)は風評対策に全力を挙げる考えです。
 政府が決定した基本方針では、処理水を海水で100倍以上に希釈し、トリチウム濃度を国の基準の40分の1程度、世界保健機関(WHO)の飲料水基準の7分の1程度にまで薄めた上で放出します。処理水の放出は30年以上続く見通しです。
 風評被害が生じた場合は、政府が東電HDに地域や業種などを限定せず賠償するよう指導します。また海洋放出の影響分析では、環境省が新たにトリチウム濃度のモニタリングを実施。これに地元自治体が参加するほか、国際原子力機関(IAEA)の協力も得て透明性を高めることとしています。政府は、これらの取り組みの実効性を高めるため、新しい閣僚会議を設置。今週中にも初会合を開催し、必要に応じて追加対策の検討も進めます。
続きを読む

長久保赤水の日本地図が中学教科書に掲載

中学校社会科地図(帝国書院編集部編)
中学校社会科地図(帝国書院編集部編):162ページ「日本の歴史遺産」
∪騎里砲覆詁本地図
赤水図:江戸時代に長久保赤水が作った地図です。伊能図より約40年早くつくられました。伊能図は幕府が一般に公開しなかったため、一般の人はこの地図(赤水図)を頼りにしました。(改正日本輿地路程全図)

 高萩市に生まれ、江戸時代に広く使われた日本地図を作った長久保赤水の功績が、初めて中学校の教科書に掲載されました。
 長久保赤水について掲載されたのは、今年度から使われている中学校社会科地図(帝国書院編集部編)です。
 日本地図の変遷を紹介するページ(「日本の歴史遺産」162ページ:∪騎里砲覆詁本地図)に、1780年に初版が出された赤水による初めての日本地図で、現在の経度と緯度にあたる線を記した「改正日本輿地路程全図」が、赤水の名前とともに掲載されました。
 説明文では、伊能忠敬が作った地図よりおよそ40年早く作られ、伊能図は幕府が一般に公開しなかったために、一般の人はこの地図を頼りにしていたと紹介されています。
 赤水図は収集した各地の資料から、天文学の知識を使って作られたのが特徴で、高萩市歴史民俗資料館に保管されている地図や文書は、去年、国の重要文化財に指定されています。続きを読む

笠間芸術の森公園に、日本一のスケートボードパーク誕生

ムラサキパークかさま
 4月3日、国内最大のスケートボードパーク「ムラサキパークかさま」が、笠間芸術の森公園「あそびの杜」にオープンしました。スケートボードは東京オリンピックの正式種目に決まってから、若者を中心に競技人口が急増中です。「ムラサキパークかさま」は、国際大会も開けるよう難易度をやや高めに設定し、あわせて初心者向けのゾーンも併設しました。またスケートボードだけではなく、BMXやインラインスケートなども楽しむことができます。パークは、東京大会からオリンピック正式種目となる「ストリート」と「パーク」の2ゾーンのほかに、初心者向けの「フラット&ビギナーゾーン」「ミニボウルゾーン」、雨天でも使える「屋内ゾーン」の五つで構成されています。

 ムラサキスポーツが指定管理者に指定されました。また、10年間1000万円でネーミングライツも獲得し「ムラサキパークかさま」との名称が決まりました。ムラサキスポーツのスタッフが常駐し、用具のレンタルや販売も行います。休日には、ボード教室なども行われます。
 国内ではまだ珍しい全面コンクリート製で、BMXやインラインスケートの大会も開催可能です。
 オリンピックのアメリカチームとフランスチームが、オリンピックの事前キャンプをこの地で行うことも決定し、スケートボート愛好者の注目を浴びています。(2021/4/26更新)
続きを読む

被災後1年5ヶ月、JR水郡線全面復旧/町民の喜び沸き立つ


 3月27日、令和元年台風19号で不通が続いていたJR水郡線が、約1年半ぶりに全線で運転を再開しました。
 茨城県議会公明党は、災害発生直後から大子町を訪れ、高梨町長らと連係を取り、災害復旧に努めました。
 特に、赤羽国交大臣、前国交大臣の石井衆議院議員を通して、通学や通勤に利用する町民や地域の振興ために、一刻のも早い水郡線の復旧を訴えました。
 久慈川の増水で被害を受けた第6久慈川橋梁(水郡線袋田駅〜常陸大子駅間/大子町久野瀬)は、全長約137.8メートル、幅約3.8メートル。7連の鉄製橋桁が全て落下し、コンクリート製の橋脚6基のうち3基が流失、1基が転倒しました。
続きを読む

水戸地裁判決/東海第二原発の運転再開認めず

東海第二原発
 令和3年3月18日、茨城県東海村にある東海第二原子力発電所(東海第二原発)について、水戸地裁は重大事故発生時の住民の避難計画に不備があるとして運転を認めない判決を言い渡しました。原発の運転の可否が争われた今までの訴訟にはない、新たな視点での司法判断となりました。
 私は、県議会議員現職当時から「東海第二原発は再稼働させず廃炉とし、事業者である日本原子力発電(日本原電)は、原発廃炉の専業事業者に業態を変更するべきだ」と訴えてきました。今回の判決は地裁レベルとはいえ、画期的な判決と評価したいと思います。しかし、原告が運転停止の理由として指摘していないために、当然とはいえ東海第二原発の採算性(経済合理性)には、全く触れられていないことは残念です。

水戸地裁の東海第2原発運転差し止め訴訟
判決:日本原電は、東海第2発電所の原子炉を運転してはならない。
理由:人格権に基づく原子炉運転差止請求に係る具体的危険とは、深層防護の第1から第5の防護レべルのいずれかが欠落しまたは不十分なことをいうものと解した上で、本件訴訟の争点のうち、第1から第4の防護レべルに係る事項については、その安全性に欠けるところがあるとは認められないが、避難計画等の第5の防護レべルについては、本件発電所の原子力災害対策重点区域であるPAZおよびUPZ(おおむね半径30キロ)内の住民は94万人余におよぶところ、原子力災害対策指針が定める防護措置が実現可能な避難計画およびこれを実行し得る体制が整えられているというにはほど遠い状態であり、防災体制は極めて不十分であるといわざるを得ず、PAZおよびUPZ内の住民である原告79名との関係において、その安全性に欠けるところがあると認められ、人格権侵害の具体的危険があると判断した。
続きを読む

災害時対応のコンテテナホテル<レスキューホテル>展示場がオープン

足利福富ショールーム
 3月10日、公明党の輿水恵一埼玉県本部副代表、福重隆浩群馬県議会議員、山口恒夫栃木県議会議員に同行して、災害などの有事に被災地に駆けつける「レスキューホテル」の幅広い活用方法を展示する「足利福富ショールーム」を訪れ、コンテナホテルの災害時の活用について、現地を視察しました。
 3月1日、全国でレスキューホテルを700棟以上展開する株式会社デベロップ社は、レスキューホテル足利福富の敷地内に、5つの用途事例別コンテナを展示しました。
■ 移動式陰圧診察室
■ テレワーク室
■ 会議室
■ オフグリッド対応客室
■ 移動キッズフル
 デベロップ社では、これまでに4件のレスキューホテルの有事出動実績があります。長崎県でのクルーズ船のコロナ集団感染現場、東京都内のPCR施設などで、快適な居住性や迅速な配備・設置柔軟性など、その充分に発揮しています。
続きを読む

新型コロナ対策/高齢施設の集団感染・クラスターへの対応強化を

イメージ
 茨城県内では今年1月以降、高齢者施設で集団感染が疑われる事例が10件以上報告されています。関連の感染者は職員も含めると計300人を超え、施設内で療養中に亡くなる感染者も相次いでいます。
 厚生労働省によると、同一の場所で2人以上の感染者が出た高齢者施設は、2月22日時点で1061件に上り、この2カ月間で2倍以上に増加しました。医療機関や飲食店など施設別の内訳で、高齢者施設が最も多くなっています。
 厚労省の助言組織・新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードは2月24日、「高齢者施設でのクラスター発生事例も継続」との分析を公表し、警戒を呼び掛けています。
 高齢者は重症化しやすいため、施設側はマスクの着用や室内の換気、消毒の徹底、面会の制限など感染防止に細心の注意を払っています。それでもなおクラスターが発生しています。入所者はもちろん、感染リスクに直面しながら仕事を続けている職員らを守るための取り組みを、一段と強化すべきです。

職員に定期的なPCR検査を実施
 具体策の一つが、職員に対するPCR検査の徹底です。
 高齢者施設でのクラスターは、一人の職員の感染から他の職員や入所者に広がっていくケースが多い。PCR検査によって、感染者を早期に把握することは重要です。
 このため政府は2月4日、緊急事態宣言が延長された10都府県を対象に、職員への検査を集中して行うよう通知しました。また、自治体の中にも独自に職員への検査を複数回実施する動きがあります。
続きを読む

歴史と自然、そして最新のデジタルアートが融合「チームラボ 偕楽園 光の祭」が開幕


 3月1日から、水戸偕楽園の「水戸の梅まつり」が開幕しました。茨城県独自のコロナ緊急事態宣言を受けて、開幕が2週間ほど遅くなりました。

 梅まつりの開催に合わせて、デジタルアート集団チームラボの手による「チームラボ 偕楽園 光の祭」が催されます。日本三名園に数えられる国の史跡を舞台に、梅林や竹林など庭園の魅力を生かした“光のアート”が展開されています。

 チームラボは、レーザー光線やLED照明を使い、梅林や竹林に映像を投影したり、杉林に卵型のオブジェが並べるなど、広い園内に8つの作品を展示しました。約1500本ある梅林では、人の動きに反応し、木々から同心円状に広がった光が梅の花を照らします。杉林には、不思議な卵が林立しています。触れると赤や黄、青色などに作品の色が変化し、光に呼応して光に照らされた木々も次々と色を変えます。幽玄の竹林では、不思議な動物たちの行列が無限に続いています。
続きを読む

日立市の新処分場計画/県は搬入路新設の概要示す

新たな搬入路概要
 2月15日開かれた日立議会特別委員会に、日立市諏訪町に計画されている新産業廃棄物最終処分場に関わる搬入路について、茨城県より具体的な提案がありました。
 それによると、日立山側道路と新処分場を直接つなぐ県道を整備します。全長約4km・幅員8m、大久保中学校の山側から林道を通り、新たな処分場の山側を通る道路を整備します。
 あわせて、茨城県は日立市議会に対して、以下のように説明しました。
●新処分場の供用に合わせて道路を開通させる。
●一般車両も通行できる。
●新処分場を建設する県環境保全事業団も、道路整備費の一部を負担させる。
●原則として南側新設道路が開通するまで、新処分場への搬入は行わない。
●新処分場への搬入ルートは、大みか6丁目交差点(石名坂坂上の交差点)から、山側道路を経由し、新たな搬入路を通り行う。
●新設の搬入路から国道6号高方面への通行はさせない。
●油縄子交差点、梅林道路からの搬入は行わない。
 なお、google mapに示したルートは、県から聞き取りした内容を個人的にマッピングしたもので、県や日立市が正式に公表したものではありません。参考程度にご覧下さい。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。
一般社団法人地方創生戦略研究所
http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: