AIに入学式の祝辞を作ってもらったら

240328school
 生成型AIの進歩は止まるところを知らず、とても私たちは付いていくことが出来ません。
 さくらのシーズンももうすぐと言うことで、高校の入学式の祝辞を代表的なAIに書いてもらいました。
 個人的には、色々問題も指摘されていますが、Geminiがおもしろいです!いかがでしょうか。

お題(プロンプト)・・・・・
令和6年度茨城県立多賀高校の入学式の祝辞を、困難を乗り越えて偉業をなしえたキュリー夫人のエピソードを交えて書いて下さい。


ChatGPT-4が作った祝辞・・・・・
https://openai.com/gpt-4
 茨城県立多賀高校 入学式 祝辞
 新たな門出を迎える皆さん、入学おめでとうございます。茨城県立多賀高校の校門をくぐったあなた方は、これから多くの挑戦と発見の旅に出発します。今日、私たちは新しい一歩を踏み出す皆さんを祝福するとともに、困難を乗り越え、人類の歴史に残る偉業を成し遂げた一人の女性科学者、マリー・キュリー夫人の話を通じて、勇気とインスピレーションをお伝えしたいと思います。
 マリー・キュリー夫人は、科学の世界で数多くの困難に直面しながらも、それを乗り越えて、ラジウムとポロニウムの発見、そして放射能の研究により、二度のノーベル賞を受賞しました。彼女の研究は、当時の科学界における女性の立場を大きく変えるものでした。しかし、その成功までの道のりは決して容易なものではありませんでした。
 キュリー夫人は、資金不足、設備の欠如、そして女性であるがゆえの社会的な偏見という三重の障壁に直面しました。しかし、彼女はその障壁を乗り越え、自らの信念と情熱をもって科学研究に打ち込みました。彼女の献身と努力は、科学だけでなく、我々が直面するあらゆる困難に立ち向かう勇気を与えてくれます。
 皆さんも、これから多賀高校での学びの中で、困難や挑戦に直面することがあるでしょう。しかし、キュリー夫人のように、それらを乗り越えることで、自分自身の可能性を広げ、成長していくことができます。彼女の物語は、私たちに、決してあきらめず、目標に向かって努力し続けることの大切さを教えてくれます。
 今日、この多賀高校での新たなスタートは、皆さんの人生における重要な一歩です。キュリー夫人のように、皆さん一人一人が自分自身の道を切り開き、夢を追い求めることを心から願っています。困難があったとしても、それを乗り越え、自分の可能性を信じて、前に進んでください。
 改めて、入学おめでとうございます。これからの皆さんの活躍を心より楽しみにしています。
 ありがとうございました。
続きを読む

山本美和議員が当選以来2回目の県議会一般質問

山本美和議員
 2024年3月7日、茨城県議会一般質問が行われ、県議会公明党の山本美和議員が質問に立ちました。
 山本議員は、「平時は観光の集客施設、災害時は被災地支援の役割を担う道の駅が増えていくことは、地域住民の安全安心につながる」と、復旧・復興活動の拠点として、広域的な防災機能を担う「防災道の駅」の必要性を訴えました。
 県内では大子町池田の「奥久慈だいご」が防災道の駅に選定されています。「茨城県は、首都圏で大規模災害が起きた時の後方支援拠点として期待される。県内で防災道の駅の拡充推進を後押ししてもらいたい」と語りました。
 また、時代に即応した教員の管理職登用、女性管理職の積極的な登用について質問しました。山本議員は、「小学校などでは女性のみの管理職、校長・教頭・教務主任といった組み合わせも想定されています。災害時、緊急時、男親への対応など、女性特有の課題も懸念されます。想定される課題に対しての早急の対策をお願いします」と求めました。
 さらに、不登校対策では、校内フリースクールの充実などを提案し、「学びのあり方」自体を変えていくことが重要と強調。『子どもたちにとって、最大の教育環境は教師自身である』との言葉があります。教師自身にとって学校は安全で安心な場所であるか、やりがいと希望のある職場であるかどうかということが大切であるとと考えます、生き生きとした教員の元に子どもたちは安心感を持って通うことができるのではないでしょうか」と結びました。
続きを読む

第2次能登半島地震視察:「なりわい再建支援事業」の申し込み始まる

240310naiwai
 能登半島地震で被災した事業者の再建を支援する、国の「なりわい再建支援事業」の申し込みが、順次始まっています。
参考:中小企業庁のなりわい再建支援事業のリーフレット
 この制度は、農家、NPO法人など対象幅広く支援します。倒壊した施設の建て替えや、壊れた生産設備の修繕に要する費用の一部を国や県が補助し、復旧を下支えするものです。
石川県は15億円、富山、福井、新潟の3県は3億円が上限です。補助率は中小企業・小規模事業者で4分の3以内、中堅企業(中小企業以外で資本金が10億円未満の企業)などは2分の1以内です。
 このうち、過去数年以内に地震などで被災し、復興の途中であるなどの要件を満たした事業者には一部を定額補助します。

続きを読む

高崎進議員の県議会代表質問/県立病院の医療提供体制の整備と機能強化を訴える


 2024年3月6日県議会代表質問が行われ、県議会公明党の磔進代表が、質問に立ちました。
 磔議員は、県立病院の医療提供体制の整備と機能強化について質質しました。これに対し病院事業管理者は、「県民に質の医療を提供し、政策医療の充実と地域医療の発展に貢献できるよう、全力で取り組んでいく」と述べました。続きを読む

茨城県議会代表質問/磔進議員が能登半島地震を踏まえ質問


 3月6日県議会代表質問が行われ、県議会公明党の磔進代表が、質問に立ちました。
 磔議員は、能登半島地震を踏まえ「今回の地震を教訓に県の地域防災計画の見直しも必要ではないか」と質しました。これに対し大井川和彦知事は、「能登半島地震のような大規模災害に備え、必要な物資の備蓄や物資の円滑な供給体制を整備することが重要だ」と述べ、国の対応を注視しながら、避難所の寒さ対策などを強化していく考えを示しました。
 また、茨城空港について、高崎議員は「需要が増えることが見込まれる中、今後の旅客数や利用促進の取り組みをどう考えているか」と質問しました。これに対し、大井川知事は、今年度の旅客数が国内線で過去最高を見込み、全体で70万人を超える見通しだとしたうえで、「今後のさらなる路線拡大の状況を見据え、誘客促進に全力で取り組むとともに、ハード・ソフト両面の観点から茨城空港の将来像についても検討する」と述べて、台湾や韓国などのアジア圏をターゲットに戦略的に観光客の誘致を進めていく考えを示しました。
続きを読む

第2次能登半島地震視察:和倉温泉の被害状況を調査

和倉温泉加賀屋ホテル
 3月3日、天候不順で珠洲市まで足を伸ばせなかったため、七尾市の和倉温泉、輪島市内の被災状況を視察してきました。
 和倉温泉の被害は深刻です。和倉温泉の22の旅館(全客室数約1300部屋、収容人数約6600名)は、3日現在も休業し、断水が続いています。
 地震では、井戸から源泉をくみ上げる配管が損傷し、旅館やホテルに湯を送れなくなったほか、建物も損壊しています。温泉を管理する和倉温泉合資会社によると、源泉につながる配管を修理し、湯のくみ上げを確認しています。また、和倉温泉旅館協同組合が行った点検では、ほとんどの旅館に温泉を届ける配管に損傷があることが確認されています。
続きを読む

第2次能登半島地震視察:荒天時の仮設住宅の居住性などを聴き取り

七尾市能登島の仮設住宅建設用地
 3月2日、能登半島地震の被災地の調査2日目。七尾市能登島、輪島市、志賀町を視察しました。
 残念ながら雨混じりの雪の悪天候です。3月になっても雪も残り、能登半島の気候の厳しさを体感することが出来ました。
 七尾市能登島総合健康センターの隣接地(情報センター駐車場) に、ムービングハウス(移動式木造住宅)を活用した仮設住宅が建設される予定です。既に、先見隊のトレーラーが到着し、基礎工事用のコンクリートが、用地に積まれていました。
 この地域は、いまだに断水が続いているようです。コンビニは開店していましたが、トイレは仮設トイレを使っていました。
 能登島につながる2つの橋も、能登島大橋しか通行できません。
 建設予定地に近い避難所のパブリックスペーシで、七尾市議会議員、中能登町議会議員と意見交換させていただきました。
続きを読む

第2回大煙突フェスティバルの記録/まるごと大煙突フェス


 2024年2月25日(日)、第2回ひたち大煙突フェスティバルが開催されました。
 当日は、あいにくの天候でしたが、共楽館への入場者数が1085人。会計市(歩行者天国)も含めると1650人が来場しました。
 2回目の今回フェスは「日立まるごとエコ・ミュージアム」という発想で、大雄院通りを歩行者天国にして、地域全体で楽しんでいただきました。
 「令和のシン会計市」と名付けた歩行者天国では、キッチンカーや手作りの作品を販売する楽しい企画となりました。東京芸術大学の東弘一郎さんによる「ピザ釜大煙突」も、共楽館の駐車場で開催され、終日長い行列で賑わいました。
 また共楽館では、絵本「だいえんとつ と さくらのまち」の原画が展示されました。
 茨城大学一ノ瀬研究室の地元新町の「新町みらい絵日記」を描くワークショップでは、大変多くのユニークな提案が寄せられました。
 ライブステージでは、二松亭ちゃん平さんの創作落語『笑顔の大煙突』、ETCひたちの紙芝居劇「大煙突とさくらのまち」、若手のアーティストの演奏などが上演されました。
240225minna

大煙突フェスで紙芝居劇「大煙突とさくらのまち」を上演


 2024年2月25日、第2回ひたち大煙突フェスティバルが開かれ、紙芝居劇「大煙突とさくらのまち」が上演されました。
 これは、日立市を中心として活動するエンターテイメント集団「ETCひたち」(代表・佐藤しん)が、大煙突とさくら100年プロジェクトが制作した紙芝居をもとに、様々な演出を加え演じたものです。
続きを読む

大煙突フェスで創作落語「笑顔の大煙突」を初披露/社会人落語家・二松亭ちゃん平


 2024年2月25日、第2回ひたち大煙突フェスティバルが開催されました。
 共楽館(現日立武道館)のライブステージで、日立の大煙突をモチーフにした創作落語「笑顔の大煙突」が、社会人落語家・二松亭ちゃん平さんによりお披露目されました。
 二松亭ちゃん平(本名:斎須博)さんは二松学舎大学で落研に入り、落語を続けて39年目。社会人落語日本一決定戦で、日本一の栄誉に輝く。桂三枝(現・文枝)から三代目名人の称号を与えられています。
 全国から多くの出演依頼を受け、小学生からお年寄りまで幅広い世代に笑いを届けています。茨城キリスト教学園高校教諭。
創作落語「笑う大煙突」
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。
一般社団法人地方創生戦略研究所
http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: