ワクチンデマに注意/流す側には意図がある

ワクチン接種に関するデマ
◆「マイクロチップが埋め込まれる」「不妊になるようだ」
 新型コロナウイルスワクチンの国内での総接種回数が高齢者を中心に1億回を超え、今後の焦点は若い世代の接種率をどう高めていくかに移っています。
 特に、この世代が目にする機会の多い、ツイッターなどのSNSでは接種をためらうことにつながるような多くのデマが飛び交っています。
 どう対応すればいいのか。情報の真偽を客観的に検証する「ファクトチェック」の普及に取り組むジャーナリストの古田大輔氏(認定NPO法人ファクトチェック・イニシアティブ理事)のインタビュー記事(公明新聞2021/8/14付け)より、そのポイントを整理します。

■金もうけ、社会的優位、愉快犯…/流す側には意図 
 SNSでよく見られるワクチンデマの典型は、「ワクチンを打つとマイクロチップを埋め込まれる」「ワクチンで遺伝子が操作される」などです。ワクチンがいかに悪意を持って作られた危険な物かという内容が多くなっています。ただし、国内において、これら荒唐無稽なデマの影響は、海外で危惧されているほど大きくありません。日本の教育水準の高さなどが寄与しているからです。
 一方、根強いのが不妊に関するデマです。「ワクチンで不妊になるようだ」などと語られる。この「……ようだ」といった微妙な表現が厄介です。素人目には真偽を確かめづらい。人々の心の中にある、少しの懸念や恐れともつながりやすい。古田氏は、それを「恐怖の共感」と呼んでいます。デマの拡散は、不特定多数のインターネットの世界にとどまらず、口コミを通じて身近な人へも広がっています。
 よく知られた言葉に「フェイクニュース(虚偽情報)」がありまが、情報を扱う専門家の間ではもう、別の言葉が主流となっています。それが「ミスインフォメーション(意図がない誤情報)」「ディスインフォメーション(意図がある偽情報)」「マルインフォメーション(意図があり、特定の対象への明らかな攻撃的意志がある不正情報)」の3つです。
 この3つの中で、デマはディスインフォメーションやマルインフォメーションに該当します。つまりデマを流す側に意図があるということです。しかも、デマを作った人は「金もうけ」で、拡散する人は「事実と信じ込んでの正義感」や「愉快犯」といったように、制作者と拡散者で意図が異なることもあります。
 こうした意図をあらかじめ知っておくことが、デマへの予防線となります。
続きを読む

“ARIGATOU”東京2020オリンピック/多様性を定着させる絶好の機会に


 8月8日、世界205カ国・地域から約1万1000人のアスリートが参加した「第32回夏季オリンピック東京大会=TOKYO2020」が、無事閉幕しました。
 東京では新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が続く中で、開催された試合がほぼ無観客という異例の開催となりました。運営面でも、森喜朗前会長が女性蔑視発言で直前で交代。開会式、閉会式の演出責任者も女性蔑視発言、過去のいじめ問題、ホロコースト揶揄したコントなどが原因で辞任をせざるを得なくなりました。
 さらに、テレビ放映権などの兼ね合いで日本の高温多湿の真夏に強行された大会に、コロナ禍での隔離空間と相まって、出場した選手の多くは心身ともにコンディション調整は困難を極めたに違いありません。

 しかしこうした逆境を見事に乗り越え、鍛え抜かれたアスリートが躍動する姿は、見る者を魅了し数々の新記録も誕生しました。コロナ禍の世界に希望と感動を届けてくれた約1万1000人の選手全員に拍手を送りたいと思います。
 自国開催のオリンピックで、日本は史上最多となる58個のメダルを獲得(金27、銀14、銅17)しました。過去最多だった16年リオ五輪の41個を超え、大会中は7月24日の競技初日から一日も途切れること無く最終日の8日まで毎日、メダルを量産しました。メダル獲得総数のランキングでは、アメリカの113個(金39、銀41、銅33)、中国の88個(金38、銀32、銅18)、ROCの70(金20、銀27、銅23)、英国の65(金22、銀21、銅22)に続く数字です。金メダルでは、アメリカ、中国に次ぎ世界3位に位置しました。
 「開催できて本当によかった」が正直な感想です。
続きを読む

茨城県の新たな産業廃棄物最終処分場/日立市長が受け入れ表明

最終処分場の建設予定地
 茨城県が関与する新たな産業廃棄物最終処分場の候補地として、茨城県が日立市諏訪町の採石場跡地(旧日立セメント太平田鉱山)を選定したことを巡り、日立市の小川春樹市長は「県の要請を受け入れることを決意した」と市議会全員協議会で述べ、処分場受け入れを正式に表明しました。

 県が昨年(令和2年)5月、採石場跡地を最終候補地に絞り込み、市に受け入れを要請してから1年2カ月余り。市が受け入れを決めたことで、県内2カ所目となる公共処分場の整備に向け、県は今後、処分場整備の基本計画策定に着手し、進入道路の整備を行い2025年度の供用開始を目指すことになります。
続きを読む

「日立市の人口減少と地方創生の課題」を高校生と考える

令和元年人口減少ワースト20
 8月3日、明秀学園日立の探求学習のお手伝いで、「日立市の人口減少と地方創生の課題」とのテーマで、高校性と勉強会をしてきました。
 日立市にとって、その人口減少は深刻な課題です。7年ほど前、長崎や呉、横須賀などと並んで日立市は、人口減少ワースト都市としてマスコミにもてはやされました。
 日立市も魅力発信事業の展開、子育て支援の充実、地域おこし協力隊の活動など様々な事業を展開してきましたが、その成果は表れてきていません。
 それどころか、MHPSの三菱パワーへの転換(日立製作所日立工場が三菱重工の工場に転換)や、日立化成、日立金属(日立電線)の売却、世界的な火力発電所の新設案件の減少、脱カーボンの動きなど、日立市の産業構造は劇的な変化を遂げています。
 最近の人口減少の動向と課題を改めて、生徒さんらと話し合い考えてきました。
続きを読む

地域活性化にスケートボードやサーフィンなどのニュースポーツ活用を

河原子スポーツ広場
 連日暑い熱戦が繰り広げられている東京オリンピック。ニュースポーツが湧いています。
 7月29日現在、新競技スケートボードでは、男子ストリート競技に堀米雄斗選手が金メダル、女子ストリートでは13歳の西矢椛選手が金、16歳の中山楓奈選手が銅メダルを獲得しました。
 同じく今大会で初めて導入されたサーフィン競技でも、男子では五十嵐カノア選手が銀メダル、女子では都筑有夢路選手が銅メダルを奪取しました。
 なぜ、こうした若者がニュースポーツ界を席巻しているのか、専門家の間は、スケートボードなどができる施設の充実と、1990年代のブームの中で育った彼らの親の世代の熱き想いの結果であると分析しています。
続きを読む

ワクチン接種はコロナ禍収束への“鍵”

高齢者のコロナワクチン接種率
 7月12日、ファイザー社製のコロナワアクチンの2回目の接種が終わりました。16日現在、全国の高齢者の80.98%が1回目の接種を完了し、55.70%が2回目の接種を終えました。
 しかし、インド由来の「デルタ株」の感染が急速に広がっています。国立感染症研究所は、首都圏1都3県で44%がデルタ株に置き換わったとしています。デルタ株の感染力は従来株の2倍、イギリス由来の「アルファ株」の1.5倍ともいわれています。事実、東京の新規感染者数は、瞬く間に1000人を超えました。ワクチン接種が進んでいるものの、急激に感染者が増えると、その分、重症患者も増え、医療提供体制への負荷も大きくなります。
 こうしたデルタ株の感染拡大スピードの速さや感染力の強さを考慮し、早期に感染抑止への一手が必要であるため、東京への4度目の緊急事態宣言が発出され、神奈川、千葉、埼玉などでも独自の宣言などが模索されています。
 ワクチン接種は感染収束の鍵として期待されていいます。各国の数万人のデータから、発症予防や重症化予防など確かな効果が証明されています。発熱・頭痛や倦怠感などの副反応が出ることを差し引いても、ワクチン接種のメリットが上回ることから、厚生労働省も国民に対してワクチン接種を推奨しているのです。
 デルタ株に対しても一定の有効性が証明されています。例えば、デルタ株の流行が始まっているイスラエルの政府はファイザー製ワクチンのデルタ株に対する感染防止効果は64%、重症化を防ぐ効果は93%と発表しています。
続きを読む

新型コロナウイルス【日立市】ワクチン接種について/7月1日現在56%と低迷

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、7月1日現在、日立市では、65歳以上の方を対象に接種を進めています。高齢者全体(56,300人)の約9割(49,700人)が予約を完了しました。1回目の接種を受けた方が56%、2回目が24%と、接種が進んでいます。
 日立市は当初高齢者などの接種目標を7割と見込んでいましたが、予約者数が約9割近くに達しています。コロナに対するお年寄りの不安感が如実に表れています。
 日立市の一回目の接種状況と都道府県の接種状況を比べてみると、接種完了56%という数値は、茨城県平均(全国ワースト4)の54%よりは高いものの、東京都の61%より低く、佐賀県や岐阜県の74%と比べて2割近く低い数値となっています。

7月1日から接種券を郵送
 日立市は7月1日から順次、16歳〜64歳の方に接種券や市からのお知らせなどが、ご自宅に郵送します。
 7月9日からは、国から示されている接種順位に基づき、「16歳〜64歳の基礎疾患を有する方」「居宅サービス・障害福祉サービス事業所などの従事者」から予約・接種が開始されます。
まだ予約をしていない65歳以上の方も申し込みできます。
 なお接種券は、職域での接種を受ける場合、国や県の広域集団接種を受ける場合にも必要になります。大事に管理して下さい。

予約・接種開始日
ワクチン接種予定
7月9日(金)8:30〜:基礎疾患がある人の予約・接種がはじまります。
7月14日(水)8:30〜:50歳〜64歳の予約・接種がはじまります。
16歳〜49歳の方は、予約・接種の予定は現在決まっていません。
続きを読む

茨城近代化の先駆者「飯村丈三郎」を学ぶ

210621douzou
 NHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、近代日本の資本主義の父とも言われる“渋沢栄一”が脚光を浴びています。特に、渋沢に縁がある茨城では徳川斉昭(烈公)、徳川慶喜(15代将軍)の評価が改めて高まっています。
 この渋沢に遅れること13年。茨城県下妻市(旧真壁郡黒駒村)に、茨城の近代史の父と呼ばれる“飯村丈三郎”が生を受けています。
 飯村丈三郎は、嘉永6年(1853年)。下妻市黒駒に生まれました。幼名は縫三郎。幼少期に近くの干妙寺(筑西市板橋)に預けられ、住職を務める亮天僧正から多大な影響を受けました。
 その後、儒学者の菊池三渓に学び、上京。明治10年(1877年)、24歳で故郷に帰って家督を継ぎ、戸長に任命されます。また森隆介らと「同舟社」を結成し、自由民権運動に加わります。
政界に進出し、明治14年(1881年)には県会議員、その後衆議院議員となり活躍します。
 県会議員を務めながら、川崎財閥の川崎八右衛門の後援を受けて、第六十二銀行(現常陽銀行)の再建や水戸鉄道(現JR水戸線)の取締役として鉄道敷設に尽力しました。
 明治24年(1891年)いはらき新聞社(現茨城新聞社)の社長として長年経営改善に努力する。この間、茨城県の文化・芸術の振興にも尽力し、岡倉天心ら五浦派の画家たちを物心両面に渡り支援し、文芸や茶の湯の世界でも活躍しました。
 晩年、私財をはたいて茨城中学校を創立(昭和2年:1927年)。茨城の人財育成に多くの業績を残しました。
続きを読む

イトーヨ−カドー日立店が2022年1月16日に閉店

イトーヨーカドー日立店
 JR日立駅前で30年間営業を続けてきた「イトーヨーカドー日立店」が、来年(2022年)1月16日に閉店することになりました。日立市は、後継のテナント誘致、従業員の再就職支援や商店街の活性化対策に取り組むことにしています。
 「イトーヨーカドー日立店」は、平成3年にJR日立駅前に開店し、食料品売り場のほか衣料品店や飲食店などが入る商業施設として地域の人たちに親しまれてきました。
 しかし、人口減少や他の商業施設との競争などで業績の不振が続き、直接的には新型コロナウイルスの影響による経営状況の悪化などから、2020年10月下旬、「業績回復が見込めない」として閉店を機関決定し、12月に日立市に通告しました。小川春樹市長と秋山光伯日立商工会議所会頭が今年4月、東京都内のイトーヨーカドー本社を訪れ、存続を求める要望書を提出していました。イトーヨーカドーの閉店の意思を覆すには至らず、6月4日、出入り口に閉店を知らせる貼り紙が出されました。
 施設内にある市の子育て支援施設「Hiタッチらんど・ハレニコ!(日立市屋内型子どもの遊び場)」は、引き続き運営を続けていきます。同じく4階の「丸善 日立店」、雑貨店などが入る5階は営業を継続することになっています。
続きを読む

日立市がコロナワクチンの集団接種実施/市民の声に押されて方針変更

コロナワクチンのイメージ
 6月19日から、日立市でも土日の集団接種が行われることになりました。
 「予約が取れない」、「土日の接種ができないのは困る」、「掛かり付け医が以内のでどこで接種できるか分からない」などの市民の声が、やっと日立市を動かしました!
 日立市では、身近な医療機関での接種を基本としながらも、65歳以上の方がより早く接種を受けられますよう、「集団接種」を追加して行うことになりました。
 「集団接種」の予約は、6月8日・火曜日から開始し、電話またはインターネットで市が一括して受付を行います。
 65歳以上の皆様には、5月27日に「集団接種のお知らせ」が追加で郵送されました。詳しくは、このお知らせをご確認ください。
 「集団接種」は、6月19日から7月25日までの土曜日と日曜日に、市内5つの病院と4つの地域の会場で、およそ8500人の方を対象に行われます。
続きを読む
自己紹介
井手よしひろのプロフィール

井手よしひろです。
茨城県の県政情報、
地元のローカルな話題を
発信しています。
6期24年にわたり
茨城県議会議員を務めました。
一般社団法人地方創生戦略研究所
http://y-ide.com
master@y-ide.com
ブログ内記事検索
茨城県のニュース
公明新聞ニュース
カテゴリ別目次
月別記事一覧
最新コメント
お断り
このホームページ(Blog)へのリンクは自由に行ってください。
文章の引用等も自由です。
ただし、リンクや引用等によって生じた不利益に対して、管理者はその責任を負いかねますので、ご容赦ください。
スマホ・携帯QRコード
QRコード
総訪問者数

現在の閲覧者数: