JR常陸多賀駅のバイアフリー化を図り、お年寄りや障害者などが安心して利用出来るように、プラットホーム上に、エレベーター設置工事が進められていましたが、この程完成しました。
 このエレベータは、入り口と出口が異なる方向にあり、車椅子を使う方が、エレベータ内で転回しないで乗れる「ウォークスルー型」を採用しています。
 設置場所は、常磐線を跨ぐ跨線橋の水戸側です。
 多くの利用者から要望が強く、井手よしひろ県議も3期目の選挙の重点公約として掲げ、実現を求めてきました。
 一般の方もご利用いただけますので、ぜひご活用ください。