9月12日、古河市、総和町、三和町の合併による「新・古河市」が誕生しました。古河市下大野の古河市役所で開庁式が行われ、職員や新市議らがテープカットで新市の門出を祝しました。
 開庁式は業務開始前の午前8時から行われ、舘野喜重郎市長職務執行者が「新生・古河市は未来に希望を持った若さあふれる都市。市民が『合併してよかった』と実感できる中核都市になることを願っている」とあいさつ。職員には「旧三市町の融和が一日も早く図られるよう努力してください」と激励しました。(茨城新聞2005/9/13付けの記事より引用)
 新・古河市は、面積約124平方キロ、人口約14万6500人で、県西地域では最大規模となり、県内でも5番目に人口が多い。合併方式は新設合併で、財政規模は約371億円。新庁舎は建設せず、当面は同本庁舎のほか、古河市役所と三和町役場を支所として機能させます。
 旧三市町は2003年3月に法定協をスタートさせましたが、名称問題でつまづき、約一年近くに及ぶ空白を経て2004年8月に再開。総和町選で合併推進派の現白戸仲久町長が当選し、一気に合併に漕ぎ着けました。
 新市議会は定数34(上限)となり、在任特例で2007年4月末まで約1年8カ月間、旧三市町の議員73人がそのまま市議として在任することになりました。
 また、新市の市長を決める選挙は、10月16日投開票と決定しました。合併前の古河市長小久保忠男氏と総和町長白戸仲久氏、元総和町長の菅谷憲一郎氏の3氏が出馬する見込みです。