鮮やかな画質と興味深い地域情報「コミュニティチャンネル」
 選挙や議会などで宅内工事の調整が遅れていたJWAY(ジェイウェイ)のCATV工事が、10月9日、10日の連休を利用して行われました。
 今回、自宅事務所で契約したのは、「JWAY-DVC」と「JWAY-NET」とのセット契約。毎月6300円で、一般放送、BSアナログ放送、デジタル放送をはじめ、最大70余りのチャンネルがあり、下り30メガの高速インターネットや、IP電話も使えるサービスです。今まで、Bフレッツエコノミーの契約をしていましたので、プロバイダー料金を含めると、インターネットの利用金額だけでCATVが楽しめる計算です。
 CATVに切り替えて、さすがに画面のきれいさには驚かされます。番組的には、地域の話題が提供される9チャンネルのコミュニティチャンネルが結構おもしろく、必見です。
(写真はCATV用のセットトップボックス)
満足できるインターネット接続スピード:実効速度20M前後
 インターネットの速度は、BNRスピードテストで下り17.16M、上り1.92M、USENスピードテストで下り24.8Mの速度が出ています。Bフレッツで接続した時と体感的にはほとんど違いがありません。スピードテストの結果では、下りは1割から2割遅い程度です。自宅事務所がある金沢団地は、ADSLではほとんどつながらない地域ですので、インターネット環境としては非常に満足できます。
 日立市にJWAYが開局して、9月で半年が経過。地域情報化への新たな挑戦として注目されるCATVだけに、その加入世帯の伸びが気になるところです。JWAYでは、2007年3月に市中心部の1万世帯を対象にサービスを開始し、本年度内に市内全域の8万世帯にエリアを拡大する計画です。
 しかし、9月までの契約・申し込みは3000件強に止まっています。来年3月までには最低でも1万件の接続を目指したいと思います。CATVによって情報通信の基盤整備さえできれば、福祉や防犯、地域コミュニティの分野で多方面の活用が期待できます。
 JWAYのCATV、大型テレビをお持ちの方(購入予定の方)やブロードバンドインターネットと導入したい方には、絶対にお得な選択肢だとお勧めします。
JWAYへの問いあわせ先:
0120−816−454 (フリーダイヤル)
0294−22−3080
受付時間(平日)9:00〜19:00

参考:JWAYのホームページ