[堀江メール]永田議員が謝罪会見 半年間の党員資格停止へ
毎日新聞(livedoor news 2006/2/28)
 民主党の永田寿康衆院議員は2月28日午後、ライブドア事件をめぐる「送金メール」問題について、国会内で記者会見した。永田氏は「しんぴょう性について十分な調査が進まないまま質問に至った」と認めたうえで「私の質問で迷惑をかけ、国会を混乱させお詫び申し上げる」と謝罪した。(以下省略)

TV画面をキャプチャーしました 堀江メール問題で、民主党の永田寿康衆院議員は記者会見を行いましたが、その内容は「謝罪」にはほど遠い内容で、多くの国民を裏切る結果になりました。
 そもそも、永田議員が会見の内容は、「メールの信憑性を十分に証明できなかった」ことであり、メールそれ自体や銀行口座の話しが虚偽であったことは、全く認めていません。「全くの事実無根か、一定の事実を含んでいるのかは現在も調べが残されている」との発言には、永田氏の反省の色は全くみられません。

野田氏、国対委員長を辞任 永田氏は党員資格停止半年
朝日新聞(asahi.com 2006/2/28) 民主党は2月28日の常任幹事会で、メール問題に関連し、不確かな証拠に基づいて衆院予算委員会で質問したことを記者会見で謝罪した永田寿康衆院議員を、党の名誉を傷つけ、品位を汚したとして「党員資格停止6カ月」の処分とすることを決めた。
 また、野田佳彦国会対策委員長は本人の申し出に基づき辞表を受理。辞任の意向を示していた鳩山由紀夫幹事長は慰留に応じ、厳重注意の処分となった。

 民主党の処分も、納得ができるものでありません。そもそも「党員資格停止」とはどのようなことなのでしょうか。民主党の役職や活動ができないという意味では処分かしれませんが、国会議員としての責任はどのようにとるのでしょうか。今回のメール問題で問われているのは、「国会議員・永田寿康の責任の取り方」です。話しをすり替えてはいけません。
 国会議員は自らの出処進退は、自分で決めるのが当然だと思います。私は、懲罰動議に委ねるのではなく、自ら辞任の道を選ぶべきだったと思います。

(2009/1/3更新)
 永田寿康・元民主党衆院議員は、北九州市のマンションから飛び降り自殺しました。マスコミ報道によると、08年11月からこのマンション近くの病院で精神疾患の治療に当たっていたということです。(合掌)
偽メール事件で辞職の永田元議員が自殺、遺書残し飛び降り
読売新聞(2009/1/3)
 (2009年1月)3日午後6時25分頃、北九州市八幡西区里中3のマンション(11階建て)の駐車場で、偽メール問題で2006年に議員辞職した永田寿康・元民主党衆院議員(39)が倒れているのを住民が見つけた。
病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 福岡県警八幡西署によると、10階と11階の間の階段の踊り場でノートに書いた遺書が見つかった。同署は飛び降り自殺したとみて調べている。永田元議員は昨年11月から、マンション近くの病院に精神疾患で入院していたという。
 永田元議員は2006年2月、衆院予算委員会で、当時のライブドア社長が、自民党幹部の家族への送金を指示したとする電子メールを取り上げたが、後にメールが偽造と判明し、同年4月に議員辞職した。
 永田元議員は2000年6月の衆院選で、千葉2区から初当選。以後、2回当選し、民主党調査局次長などを務めた。