茨城県私学振興室は、10月30日、県内の私立10校で履修漏れがあったとする調査結果を公表しました。履修漏れがあった生徒数は2937人にのぼり、県内私学22校の約半数で履修漏れがあったことになります。
 履修漏れは、県立も含めると県内で16校4450人に上ります。
 私学振興室の発表のよると、履修漏れがあったのは、水戸市の茨城、大成女子、水戸葵陵、水城、日立市の明秀日立、茨城キリスト教学園、土浦日大(土浦市)、東洋大牛久(牛久市)、鹿嶋市の清真学園、鹿島学園の10校です。
必修科目の履修漏れがあった市立高校
茨城世界史B3年175名
大成女子音楽1年45名
2年49名
3年28名
情報A3年28名
家庭基礎1年45名
2年49名
3年28名
水戸葵稜世界史B3年30名
水城情報C3年707名
明秀日立情報A3年34名
茨城キリスト教学園世界史B
日本史B
地理B
1年379名
2年343名
3年320名
土浦日大日本史B
地理B
3年98名
東洋大牛久世界史B
日本史B
地理B
3年526名
清真学園日本史B
地理B
3年42名
鹿島学園日本史B3年85名
世界史B3年84名
生物3年22名
理科総合A3年22名
情報A3年22名

必修漏れ私立10校 県調査
朝日新聞(2006/10/31マイタウン茨城)
 高校の必修科目の履修漏れ問題で、県私学振興室は30日、県内の私立10校で履修漏れがあったとする調査結果を公表した。影響する生徒数は2937人にのぼり、県内私学22校(全日制)の約半数で履修漏れがあったことになる。履修漏れは県立も含めると県内で16校4450人に膨らんだ。
 私学振興室が27日からFAXで調査した結果によると、履修漏れがあったのは、茨城、大成女子、水戸葵陵、水城(以上水戸市)、明秀日立、茨城キリスト教学園(以上日立市)、土浦日大(土浦市)、東洋大牛久(牛久市)、清真学園、鹿島学園(以上鹿嶋市)。
 朝日新聞の調査に加え、新たに履修漏れが明らかになったのは、大成女子の1、2年生94人に音楽や家庭基礎▽茨城キリストの1〜2年生722人に世界史、日本史、地理のいずれか▽鹿島学園の3年生の191人に日本史や世界史、生物、理科総合、情報。水城は情報Cの履修不足が707人に膨らんだ。
進学重視が背景に 解説
 今回、私立高で履修漏れがあったのは多くが「特別進学コース」や「進学コース」をうたうコースだった。
 履修漏れがあった私立高の教頭の多くは「私学は進学実績がそのまま生徒募集に反映する。実績をあげるには、受験科目に絞った方がいいと考えていた」と話す。
 また、別の私立高の教頭は「私学はある程度自由にカリキュラムを組んでいいと思っていた」と語り、「県私学振興室にカリキュラムも見せたので、問題ないと思っていた」と話す学校もあった。
 だが、肝心の振興室は「補助金にかんする書類をチェックするだけで、カリキュラムまでは見ていない」と言う。
 公立は各都道府県の教育委員会が「設置管理」するのに対し、私立は都道府県が「監督」するのにとどまる。振興室で私立高を見ているのは実質2人。私学の「独自性」を尊重するという大前提から、カリキュラムまで踏み込むチェック機能はなく、そのための体制もないのが実情だ。
 私立高で県立高以上に履修漏れが相次いだ背景には、進学を「独自性」とする高校と、その「独自性」を尊重するため、指導を控える行政の姿勢が背景にあるようだ。
 また、調査結果の公表でも、公立に比べ、私立が遅れた。県教委は、文科省から指示のあった翌日の26日に公表した。だが、振興室が正式に調査を始めたのは27日午後。同室は「文科省の指示を待っていた面もある」とする。
 しかし、高校生にとっては、公立か私立にかかわらず、自分が履修漏れかどうかをいち早く知りたい、というのが心情だ。公私立足並みをそろえて調査し、結果を公表した北海道のような自治体もある。
 文科省の指示の有無や、庁内の縦割りに関係なく、もっと早く調査し、結果を公表することができなかったのだろうか。