1月11日、気象庁は「平成18(2006)年12月の世界の月平均気温について(速報)」を公表しました。それによると、昨年12月の世界の月平均気温の平年差は+0.41℃となり、12月の気温としては1997年の+0.40℃を超え、統計を開始した1891年以来、最も高い値になりました。
 12月の月平均気温は平年を上回る地域が多く、特に、陸上ではロシア西部からヨーロッパ北部及び北米北部で気温が高くなりました。
 また、海面水温は現在のエルニーニョ現象によって、太平洋赤道域の東部及び中部で高くなったことに加え、北海や南アフリカ東方沖などでも高くなりました。
 長期的には、12月の世界の月平均気温は100年あたり+0.71℃の割合で上昇しており、とりわけ1990年代後半以降に高温が頻出しています。
 これらの要因としては、二酸化炭素などの増加に伴う地球温暖化の影響に、エルニーニョ現象や10年〜数10年程度の時間規模で繰り返される自然変動が重なったものと考えられます。
世界の気温変動
参考:気象庁の報道発表