参考写真 7月3日、札幌市内のホテルで、地元の旅行業者や企業関係者ら約100名が参加し「茨城空港セミナーin北海道」が開催されました。 
 このセミナーは、2010年3月に開港する「茨城空港」への就航想定先である北海道において、定期便就航に向けた認知度向上及び利用機運の醸成を図るため、茨城空港利用促進等協議会(会長:橋本茨城県知事)の事業の一環として開催したものです。 セミナーでは、茨城空港の概要及び観光案内等を説明し茨城空港の利便性をアピールしたほか、東京工業大学大学院花岡伸也准教授による「世界の航空事情と茨城空港への期待」と題して講演会が開催されました。
 その後行われた交流会では、「具体的な旅行商品の検討まで行っているところである。実によいタイミングでセミナーを開催してくれた(旅行代理店)」など参加者と活発な意見交換や情報交換が行われました。
 今後も、県空港対策課では、就航予定先である大阪(7月8日開催予定)、福岡、沖縄及び東京で同様のセミナーを開催し、茨城空港の利便性を関係機関に積極的にアピールして、就航路線の確保に結びつけていきたいと考えています。
(この記事は茨城県のホームページから転載させていただきました)