2月12日、総務省関東総合通信局は、さ来年(2011年)11年7月に予定されている地上デジタル放送(地デジ)への完全移行(アナログ放送の完全停止)に際して、茨城県内で地デジ放送が受信できない世帯が、4620世帯に上るとの予測を公表しました。
市町村名
(旧市町村)
地デジ
難視聴
世帯
アナログ
難視聴
世帯
日立市15070
日立市(十王)1040
石岡市110 
石岡市(八郷)4301530
常陸太田市50 
常陸太田市(金砂郷)5020
常陸太田市(水府)3050
常陸太田市(里美)9070
常陸大宮市(山方)3040
常陸大宮市(美和)26040
常陸大宮市(緒川)4010
高萩市140110
笠間市1040
笠間市(岩間)3040
北茨城市29060
桜川市(岩瀬)4040
桜川市(真壁)400 
かすみがうら市(千代田)110 
行方市(麻生)10 
行方市(北浦)130 
大子町690120
城里町(七会)1020
 現在、アナログ放送が受信できない700世帯に加えると、県内11市町の5300件以上が地上波テレビを視聴できなくなります。
 関東総合通信局によると、県内でアナログ受信が可能な98万3300世帯のうち、昨年末までに98.7%が地デジ視聴可能エリアになっています。2010年末には99.1%までカバーされる見込みです。しかし、以下の地域では、中継局との地形の関係で、地デジ電波が届かないと予測されています。
 さらに、この他にも日立市や常陸太田市、大子町など県北の山間部を中心に、電波が届きにくい約1万世帯をカバーしている共同アンテナ設備が133施設あり、2008年9月末現在、デジタル化されている施設は、0.8%しかありません。今後、大規模改修や新設などの対応が必要となります。
 こうした共同受信設備の改修には、世帯負担が3万5000円を超える場合、改修で2分の1、新設で3分の2が国から補助されます。さらに、NHK契約者については、世帯負担が7000円を超える場合、1世帯あたり10万円を上限にNHKが助成を行うことになっています。
参考写真 ケーブルテレビに移行する場合は、世帯あたり2万8000円をNHKが助成します。 関東総合通信局では今後、水戸市の茨城県テレビ受信者支援センター(デジサポ茨城:水戸市南町3−4−14電話:029-231-6808)を中心として、様々な相談や各自治体の支援を行います。
 また、生活保護世帯へのアンテナやチューナーの無料配布も、今後、具体的に検討するとしています。