参考写真 公明党第7総支部主催の「石井啓一衆議院議員と語る会」が、常総市民会館で開催され、常総市、坂東市の党員支持者の皆さまが集いました。
 公明党県女性局長田村けい子県議の挨拶の後、地元長谷川典子常総市長が来賓を代表して祝辞を述べました。
 国政報告を行った石井啓一党県代表(衆議院議員)は、27日、総額で88兆5480億円に上る2009年度予算案と税制改正法案などの関連法案が、衆議院で可決されたことを報告。「憲法の規定により予算案は参院送付後30日で自然成立することから、予算案の年度内成立が確実になった」と語りました。
 その上で、公明党が推し進める「春を呼ぶ3点セット」について言及。「春を呼ぶ3点セットとは、定額給付金、子育て応援特別手当、そして高速料金引き下げです。定額給付金は、よくご存じだと思いますが、子育て応援特別手当はあまり知られていません。多くの自治体で、定額給付金の時期と同時期に支給されます。参考写真該当する子どもさんは、第2子以降で、この春から小学校にあがる直前の3年間にあたるお子さん(詳しくは、生年月日が「2002年4月2日〜05年4月1日」で、かつ「第2子以降」の子どもさんが対象)で、1人当たり3万6000円が一括支給されます。対象となるお子さんには、定額給付金1万2000円と、上乗せ分8000円、さらにこの子育て応援特別手当3万6000円が加わり、なんと5万6000円が支給されます。夫婦と子ども2人の4人世帯で、2番目の子どもが対象になる場合には、そのご家庭には合計で10万円が支給されることになります」と、子育て応援特別手当てについて説明しました。
 また、高速道路料金の割引については、「土日祝の引き下げは、春休みに間に合うように3月20日開始をめざして、現在、最終準備に入っています。実施されれば、土日祝は、どこまで走っても1000円、1000円を下回る区間は終日半額。平日は、全車種を対象に、昼間3割引。首都高速も日祝は500円、阪神高速も土日祝は500円、アクアラインも1000円、瀬戸大橋など本州・四国を結ぶ連絡橋も1000円になります。地域の観光振興に強い追い風となることが期待されています」と語りました。こうした石井県代表の国政報告に、会場は終始、明るい笑い声と温かい拍手に包まれていました。
 国政報告の後、質疑応答・意見交換に移りました。参加者からは、公明党への期待の声や地域の課題に関する質問が寄せられました。寄せられた主なテーマは以下の通りです。
  • 定額給付金の具体的な受け取り方法について
  • 年金支給開始時期と定年制延長の時間的ギャップについて
  • 国会での非効率な議論について
  • 年金100年安心プランは、本当の安心なのか?
  • 公明党議員は結党以来の民衆のためという党是を忘れていないか?
  • 23日に竣工した乙子交差点への信号設置について