8月21日、茨城県の北茨城市で、人気音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー」(ドリカム)の、東日本大震災の被災地支援・無料ミニライブが実現しました。
 この日お昼過ぎ、たまたま居合わせた北茨城市民や熱心なドリカムファンが待つ「第4回北茨城市民まつり」のメイン会場に、ドリカムのライブ用大型トラックが横付け。あいにくの雨模様の中、会場は一気に熱気に包まれました。
 ライブでは、「その先へ」「うれしい!たのしい!大好き!」「サンキュ」「未来予想図供廖LOVE LOVE LOVE」「何度でも」の6曲を、ボーカルの吉田美和さんが一気に歌い上げました。
 北茨城市は、茨城県内でも最も最も津波被害を受けた地域です。亡くなった方が5人、家屋の全半壊1347棟、大津漁港、平潟漁港などが甚大な被害を被っています。「何度でも 何度でも 何度でも 立ち上がり呼ぶよ」この歌声は、被災地の人々を強く勇気づけることでしょう。
(会場の情報は実際に参加した方からお伺いし、写真もご提供をいただきました)