県議会保健福祉委員会県内調査(茨城西南医療センター病院)
参考写真

都内で国会議員に震災対策のグループ補助金の再実施などを要望

参考写真
 7月27日未明、ロンドン五輪のサッカー男子スペイン戦で水戸市出身の大津祐樹選手(22)が大金星のゴールを挙げ、日本がスペインを撃破しました。
 大津選手は水戸市立堀原小と第五中の出身。茨城大学前の袴塚3丁目の通りには、「オリンピック出場おめでとう 大津祐樹さん」と書かれたのぼり旗20本ほどが立ち並んでいます。
 のぼり旗づくりを呼びかけたのは、通り沿いで絵画や音楽の教室、カフェを備えた「たねホール」を運営する安斎栄さん(52)。近所で育った大津選手の五輪代表選出を祝おうと、通りの商店主らを中心に協力を募ってきた。美容室や学習塾など、賛同者は増え、50本ほどが掲げられています。

歩数【2000】歩・移動距離【221】km