東京ガスLNG基地落成披露パーティ、LNG基地見学会

県議会で防災のためのタスクフォース整備について進捗状況をヒアリング

土浦市で県議会報告(防災体制の強化について)


 最先端の宇宙測地技術で国土を測る国土地理院の「石岡測地観測局」が、石岡市根小屋の-県畜産センター敷地内の高台に完成し、5月から本格運用を開始しています。天体が放つ弱い電-波を複数のパラボラアンテナで受信し、地球規模で測量を行う「VLBI(超長基線電波-干渉法)」と呼ばれる技術の観測施設。国土地理院は「測量や人工衛星の軌道決定などに精度向-上が期待できる」と説明しています。
 同観測局は、VLBI観測施設のほか、正確な位置を定める電子基準点や重力測定室など-を備えています。同様の観測局はアメリカ、ドイツ、スペインに次ぎ世界4番目となります。
 VLBIは、数十億光年の天体から地球に届く電波を巨大なパラボラアンテナで受信し、-地球上の正確な位置(緯度、経度)を1ミリの精度で測る技術です。これまでは18年間、つく-ば観測局の従来型アンテナ(直径32メートル)で国内観測を担ってきました。次世代型アンテナ(13メートル)はアンテナを動かす速度を約4倍、24時間に捉える天体の観測回数を約6倍-に高められています。つくば市内の国土地理院から遠隔操作されます。
 石岡市の同所は、安定した地盤の広い土地が確保でき、人工的電波の影響を受けにくい点-などから選ばれ、順次施設の整備を進めてきました。
(茨城新聞の動画ニュースより)

歩数【6000】歩・移動距離【180】km・燃費【28.0】km