平成10年度県予算の主な事業
井手県議の要望の成果

事業の名称予  算内    容
妊産婦医療補助事業2億6,000
万円
妊産婦の医療費の内個人負担分を補助し、医療費を無料化する制度。
ただし、所得制限393万円以下。
一回500円(月1,000円限度)の自己負担あり。
平成10年11月1日より実施。
父子家庭医療費助成制度1,500
万円
父子家庭の父親と子供(18歳未満)の医療費の内個人負担分を補助し、医療費を無料化する制度。
ただし、所得制限290万円以下。
一回500円(月1,000円限度)の自己負担あり。
平成10年11月1日より実施
小児心臓疾患治療体制整備1億8,850
万円
県立こども病院で心臓外科手術(開心手術)が行えるようにする事業。

茨城県では、心臓に疾患を有する新生児がほぼ一定の割合で発生しているが、県内で開心手術を出来る病院は、従来筑波大学付属病院しかなかった。
事業内容:新造血管外科医師(常勤2名、臨時1名)、人工心肺装置、空調機器一式
臍帯血バンク準備のための施設整備480

万円
茨城県では、県立こども病院を中心に臍帯血移植の研究並びに、白血病治療のための臍帯血採取・保存が行われてきた。
平成10年度の予算編成に当たっては、公的臍帯血バンク事業が設立された時に、直ちに茨城県でも実施できるように、必要な予算措置が講じられました。

○臍帯血保管用冷凍庫(154万円)
○臍帯血採取・保管等費用(208万円)
○HLA検査委託費(126万円)



日立献血ルーム整備400
万円
日立市のシビックセンター内に献血ルームを開設する。
5月1日開設予定。
ダイオキシン対策費6億1,700
万円
ダイオキシン排出抑制のための各種対策を強化

  1. 環境調査の実施(3,300万円)
  2. 処理施設の整備(1億2,900万円)

    • 市町村の施設へのバクフィルター整備補助
    • 民間業者に対する補助、利子補給


  3. 小型焼却炉(県立高校や県営施設など)の使用禁止(3億9,900万円)

不法投棄監視体制強化3,400
万円
産業廃棄物の不法投棄の監視体制の強化策

  • 専門職員の増強(併任警察官1名増員)
  • 不法投棄監視ボランティア制度の創設
  • 休日夜間の警備体制整備(民間警備会社への委託)
  • 不法投棄110番をフリーダイアルに

放射線監視体制の強化4億7,800
万円
放射線監視局、表示局の増設

  • 監視局4局(17局体制を21局体制に)
  • 表示局3局(10局体制を13局体制に)

防災情報ネットワーク体制整備51億8,800
万円
衛星通信を活用した防災無線システムの構築

  • 防災センター整備(新県庁舎の防災センター整備、ヘリテレ無線)
  • 防災情報システム
  • 防災通信システム

カシマサッカースタジアム整備65億5,100
万円
2002年ワールドカップ開催に向けてカシマサッカースタジアムを改築する(全体改装予算193億円)
参考資料:2002年ワールドカップの準備進む
シルバージューティーサービス2,600
万円
寝たきりのお年寄り(特別養護老人ホーム等への入所者)のために、美容師を派遣する事業。美容師が出張し、頭髪のカットと軽度の化粧を行う。
在宅人工呼吸器使用患者訪問治療事業1,200
万円
ALS患者など人工呼吸器を使用している在宅患者の、訪問看護に要する経費の公費負担制度。




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。