990930jco_top

東海村ジェー・シー・オーで臨界事故

990930honbu 茨城県東海村のウラン加工施設「ジェー・シー・オー」(本社・東京)東海事業所の転換試験棟で、99年9月30日午前10時35分頃、同社の作業員3人が大量の放射線を浴びる事故が発生しました。

 うち2人は重症で、国立水戸病院に搬送され、その後、千葉市の放射線医学総合研究所に移送され、治療を受けています。

 施設の外にも放射能が漏れ、午後7時現在で周辺住民約150人が村の要請に応じて2カ所に避難しました。

 原子力事故で住民に避難要請が出たのは、今回が初めてです。

 原子力安全委員会は放射線量の値などから、国内初の臨界事故と断定しました。

 事態を重視した政府は、原子力事故では初めて事故災害対策本部を設置。1日に予定していた内閣改造を、週明けに延期する方針を決めました。

 また、午後10時30分には、茨城県より施設から半径10km以内の住民に屋内に留まるよう呼びかけがありました。

 これは、夜になっても放射線量が下がらず、再び臨界が起こっていることが考えられるからです。

990930keisoku 被ばくしたのは、茨城県常陸太田市山下町の大内久さん(35)、日立市田尻町2丁目の篠原理人さん(39)、ひたちなか市足崎の横川豊さん(54)の3人です。

 また、10/1未明には、その他に11名の作業員と5名の周辺住民が被曝していることが判明しました。

 事故は9月30日、午前10時35分、核燃料サイクル開発機構の高速実験炉「常陽」用の燃料を作るため、濃縮度18.8%のウラン酸化物の粉末を硝酸で溶かし、硝酸ウラニルを作る作業中に起きました。

 作業員の1人が溶解槽からウラン約16キロを約5メートル離れた沈殿槽に入れたところ、沈殿槽から「青い光が出た」と証言しています。

 事故の原因について同社は、通常は約2.3キロのウランを硝酸に入れているが、この日は約16キロのウランを入れたため、ウランが核分裂反応を起こした可能性が高い、としています。

 「青い光」が出た直後にこの部屋の放射線量が高くなり、安全管理室の警報が鳴った。別の作業員が3人を助け出そうと転換棟に入ると、3人は廊下で横になっていたという。

 事故直後に同事業所の職員が施設内の放射線量を測ったところ、1時間あまりで0.84ミリシーベルトを記録。これは通常、一般の人が年間に浴びる放射線量に相当します。

 県によると、事業所すぐ外側の道路で一時、通常値の1万6000倍に達しました。施設から約2キロ離れた地点の放射線量も、通常の約10倍を記録しました。

990930_350m2
JCOの周辺地図




このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。