douro

山側道路(南部)の整備計画

road_hitaoh

 慢性的な国道6号、245号線の渋滞を解消するために、日立市の西側の山側に幹線道路を通す計画が進んでいます。みかの原団地の裏側から大久保町までの間を、「都市計画道路・石名坂多賀線」と「県道・日立笠間」で結びます。

 この道路は、既存の山側道路(石名坂坂上〜森山町)の中間部分から分岐し、台原団地、金沢団地の山側を通り、県道日立・笠間線(図の赤字線の部分)に接続する道路です。

 この区間は、台原団地の上部を通過するため、団地の住環境に悪影響を与える危険性があります。そのため、地域住民との綿密な話し合い、十分な設計検討が必要です。

 山側道路は、日立の道路渋滞を解消し、常陸太田との広域的交通網の整備には、欠くことのできない道路であり、山火事等の防火帯ともなる道路です。

 平成8年より、用地買収のための詳細測量が市の手で開始され、総工費30億円で、平成15年度の完成を目指します。

 平成12年5月現在、市施工部分の工事用道路の工事がかなり進捗しています。

010414kanesawa
金沢団地山側の工事現場、山を切崩す作業が進んでいます
000531kasama1
ゴルフ練習場入り口付近の工事用道路の進入路
000531kasama2
右の道路は石名坂から森山町に抜ける市道、左が山側道路工事用道路(台原団地方面に向かう)


課 題 と 主 張
yamadan

工事区間は、自然に恵まれたすばらしい環境の地域です。環境アセスを完全に行い、環境破壊を最小限に抑えること。
4車線化の予定は白紙にし、余裕のある道路環境とすること。
工事に当たっては、工事用車両が団地内を通ることの無いよう、万全な計画を立てる。
山側道路と、団地とのアクセス道路(台原アクセス)は当面凍結し、山側道路開通後に再検討する。
騒音、振動、光害、排気ガスの団地への影響を極限に押さえるため、道路構造を工夫する。
道路のノリ面は、十分に緑化すること。
ヨウ壁も圧迫感の少ないものとすること。
工事に当たっては、団地住民をはじめ、関連の住民の意見を十分取り入れること。

road_daihara
台原団地を東側から写した合成写真に想定路線を記入した。
赤線が想定路線。スケールは参考程度にご覧下さい。
   


このページは、茨城県議会井手よしひろの公式ホームページのアーカイブ(記録保管庫)の一部です。すでに最終更新から10年以上経過しており、現在の社会状況などと内容が一致しない場合があるかもしれません。その点をご了解下さい。