日立の大煙突
 数ある金属の中でも、鉄に次いで幅広い用途で活用されているのが銅です。高い導電率、優れた熱伝導性、抗菌作用などの特性を持ち、その活用範囲は産業や人々の生活のあらゆる領域に及んでいます。
 日本における本格的な銅の採掘の歴史は、江戸自体の足尾銅山(現栃木県日光市)、別子銅山(現愛媛県新居浜市)の発見に遡ります。足尾鉱山は、1610年から1759年の間に121,794t の銅を産出しました。一方、別子鉱山は 1691年から1867年の間に98,341tの銅を産出しました。両鉱山を合わせた生産ピークは1702年から1714年間頃で、年平均2,831tの銅を生産しました。
 両鉱山とも開山後数十年で最盛期を超え、技術的問題から、生産は減少していきました。
 明治35年(1902年)頃までに、ほぼその基礎を確立した我が国の金属鉱業は、日露戦争(1904〜1905年)、第 1 次世界大戦(1914〜1918年)による国内市場の拡大と海外市場の好況によって、その規模を急速に拡大します。特に、足尾鉱山、別子鉱山に加え、小坂鉱山(愛媛県新居浜市)、新興の日立鉱山(茨城県日立市)の4つの銅山の発展はめざましく、日本の四大銅山と称されました。
 この四大鉱山は、鉱山が存在する地域社会にも大きな影響を与えました。人口の増加、電気、水道、下水、そして鉄道などの社会資本の充実など、その地域は大きく発展しました。一方、銅の生産やその精錬による河川の汚染や大気汚染(煙害)は深刻な被害を周辺環境や住民にもたらしました。地域社会の発展と環境破壊、その相反する課題を解決してきた過程が、こうした地域の歴史でもあります。
 そして、銅鉱山は20世紀後半に、その役割を終え相次いで閉山していきます。大いに発展した四大鉱山のまちは、地域経済の縮小、人口減少という厳しい現実を抱えて21世紀を迎えました。
 四大鉱山の歴史を学び、その教訓を後世に繋ぐことは、次の世代への大きな責任です。そして、その貴重な遺産は、地域の活性化の大きなツールとなります。
 このブログでは、日本の四大銅山(足尾鉱山、別子鉱山、小坂鉱山、日立鉱山)を概観してみます。まずは、茨城県日立市の日立鉱山です。

日本の4大銅山の生産量
4大銅山の生産量の推移
【日立鉱山の概要】
 日立鉱山は、茨城県日立市にあった鉱山で、主に銅と硫化鉄鉱を産出しました。
 1905年以前は赤沢銅山と呼ばれていた小鉱山でしたが、久原房之助が経営に乗り出し、日立鉱山と改名され本格的な開発が開始されました。
 久原の経営開始以後大きく発展し、閉山となった1981年までの76年間に、約44万トンの銅を産出し、足尾、別子、小坂と並ぶ日本を代表する銅鉱山の一つとなりました。
 この日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、日産コンツェルンが形成されました。また日立鉱山で使用する機械の修理製造部門から日立製作所が誕生しており、日立鉱山は日本の近代産業史に大きな足跡を残しています。
 日立鉱山の鉱床はキースラーガー(層状含銅硫化鉄鉱床)で、日本国内のキースラーガーでは別子銅山とともに大規模な鉱床として知られています。鉱床は厚い場所では80mに達し、傾斜延長は長い場所で1kmを超えています。鉱床全体の埋蔵量は3480万トンと推計され、銅鉱石の品位は他の主要銅鉱山よりも低く平均1.35%でした。
 鉱害問題を日立鉱山と住民が話し合い、世界一の大煙突を建て解決した史実は、「ある町の高い煙突」という物語で語り継がれています。

日立鉱山
【日立鉱山の発展】
 日立鉱山の前身に当たる赤沢鉱山は1591年に発見され、常陸領主佐竹義重が開発したと伝えられています。水戸藩政下、明治初期・中期を通じて何度も採掘が稼行されながらも、鉱毒(鉱毒水による田畑の汚染)などのために、発展をみることはありませんでした。
 1905年、久原房之助は赤沢鉱山を購入。その年の12月26日、鉱山の所在地である日立村にちなんで日立鉱山と改められました。
 久原房之助が、藤田組から離れるにあたって受け取ることになった分与金は470万円余りで、10年分割で払われることになっていました。久原は赤沢銅山の購入に総計42万円余りを費やしており、創業直後の日立鉱山の経営や積極的な鉱山開発を進めていくためには、どうしても資金の調達が必要となりました。そこで久原は、父の代から取引があった鴻池財閥の援助を求めることになり、鴻池は融資の条件として、毛利家の鉱山経営の実績があった神田礼治を日立鉱山の所長として送り込んできました。神田は、断層によって鉱脈が途切れたため、日立鉱山には見込みがないと判断し、鉱山開発中止を久原に進言するに至りました。神田は一年足らずで所長を辞任し、神田とともに日立鉱山にやってきた中堅の技術者たちも全員辞職しするという窮地に陥りました。
 久原は、多くの優位な人材を、小坂鉱山から引き抜きました。40名以上が日立鉱山に移り、「小坂勢」と呼ばれるようになりました。多くの優秀な鉱夫も、小坂鉱山から日立にやってきたと想像できます。
 1908年、政界の重鎮・井上馨が日立鉱山の視察に訪れることになり、その直前に最も期待をかけていた鉱脈が断層にぶつかり、途切れてしまうという事態が発生しましたが、優秀な鉱夫を2時間交代で24時間体制で採掘に当たらせ、断層の先の鉱脈を再び捉えることに見事成功。視察を行った井上は日立鉱山を高く評価し、井上からの援助は実現することになりました。
 日立鉱山の創業はちょうど日露戦争後の日本経済の発展期に当り、鉱業や重工業は目覚しい発展を遂げており、鉱山の発展はこの時流に上手く乗りました。久原は鉱山を支える優秀な人材と資金を確保し、積極的な鉱山投資を行います。近代的な鉱山経営に必要不可欠である発電所の建設、探鉱に最新の技術を導入したこと、さく岩機を導入して採掘の機械化を図ったこと、進んだ精錬法を採用したこと、常磐線助川駅から鉱山までの日立鉱山専用電気鉄道や鉱石を運搬する索道を建設して輸送面の充実を図ったこと、そして日立鉱山で産出される鉱石ばかりではなく、他の鉱山で採掘された鉱石を購入して精錬を行う「買鉱」を積極的に進めたことなど、その画期的・戦略的な事業展開は注目すべきものが数多くありました。
 日立鉱山は最新の技術を積極的に導入することによって急速な発展を遂げます。他の日本を代表する銅山よりも後発の鉱山であった日立鉱山は、進行する鉱山を研究し、長所を活かし、欠点を補いながら施設を充実することが出来ました。
 また、近隣に常磐炭田があり、精錬に必要な石灰石も鉱山周辺から入手が可能であったという利点も見逃すことが出来ません。
 久原房之助は日立鉱山の発展のために、他の鉱山で採掘される鉱石を購入して精錬を行う「買鉱」を積極的に推進しました。買鉱を積極的に進めるためには、交通が便利で、広い場所に精錬所を建設する必要性があったため、大雄院という曹洞宗の寺の跡地に精錬所を建設することになりました。1908年に大雄院精錬所が操業を開始しました。
 輸送手段強化のため、同じ1908年に助川〜大雄院間の専用電気鉄道の建設許可を申請。8月に認可が下りると10月末には試運転、11月には使用許可が下り、運行が開始されました。そして日立鉱山の本山から大雄院までの鉱石輸送に用いられる索道も、同年着工され、1909年に完成しました。
 このような新技術の導入や鉱山設備充実の成果によって、久原が日立鉱山を買収してわずか3年目の1907年には、銅生産量は1781tとなり、早くも小坂鉱山、足尾銅山、別子銅山に次ぐ日本第4位の生産量を挙げる銅山となりました。その後も生産量は増大し、1911年には銅生産量が5670tとなり、短期間のうちに日本を代表する銅山の一つに成長しました。

日立製作所の創業小屋
【日立鉱山の機械修理部門として日立製作所が誕生】
 日立製作所を創設した小平浪平は、小坂時代から久原房之助の事業を支えていました。1906年小平は、日立鉱山で必要な電力確保のために、日立鉱山に赴任しました。小平は鉱山の電力問題の解決のために石岡第一発電所などの建設を行い、また電気鉄道の建設に携わるなど、日立鉱山初期の設備の近代化に大きく貢献しました。
 小平は日立鉱山で工作課長という役職に就いていました。これは鉱山で用いる土木、電気、機械の修理等を一切引き受ける部署であり、当時としては最新の機械の導入を進めていた日立鉱山では、多くの機械類は電化されていました。鉱山機械の修理工場は、当初日立鉱山の本山付近にありましたが、1909年には鉱山電車の大雄院停留所隣への移転(この工場が、日立製作所の“創業小屋”と呼ばれています)。1910年小平は、独自の設計で5馬力の電動機3台を製作し、続いて200馬力の電動機を作成しました。小平は本格的に電気機械製造に乗り出す決意を固め、久原に許可を求めました。計画は承認され、日立村宮田字芝内に、当初芝内製作所と呼ばれた工場が建設されました。1912年、鉱山業と並ぶ独自の事業として電気機械等の製作販売を行う日立製作所が設立されました。

共楽館
【日立鉱山を理想社会“桃源郷”に】
 日立鉱山の急速な発展は、久原ら鉱山経営陣に鉱山で働く労働者の確保と、急増した鉱山労働者たちに対する統制という大きな課題をもたらすことになりました。久原らは鉱夫に対しては、日本の鉱山で慣習的に行われてきた鉱夫間で技能養成や相互扶助などの目的として「友子制度」を利用して、鉱夫を日本各地から確保し、鉱夫たちを管理していきました。久原の日立鉱山での労務管理は、「事業と従業員が渾然一体とし、愛山の精神を中核とした」いわゆる「一山一家の鉱山社会創出」という理念に基づくものでした。
 久原房之助は、労務管理体制を強化したと同時に、従業員の福利厚生制度の充実を図り、社員と鉱員の生活基盤の充実を図りました。1906年には、単身者のために本山所員合宿所を建設し、その後も鉱山の拡大に伴って宮田川沿いに職員用の社宅を次々と建設していきました。そして日立鉱山では、創業まもなく衣食の確保のために日用品の供給を担う供給所(一般には単に供給と呼ばれました)が設けられ、順次拡大していきました。供給では食料品、衣料、薪炭などの生活必需品から文房具や雑誌など、460品目もの品を扱っており、それらは市価よりも1割から3割程度安く提供されました。特に主食である米の供給には配慮していて、市価の半値程度で一定量を販売し、その分量を超えた場合は市価での販売を行いいました。
 供給で提供される物品は、鉱員の場合給料の中で利用可能な割合が定められていて、各自が持つ通帳に供給の利用可能額が明記され、その中で購入が出来きました。そして供給所で購入した代金はそれぞれの給料から差し引かれる仕組みになっていいました。
 また、日立鉱山では1913年に本山地区に「本山劇場」を建設し、さらに、1917年には精錬所に程近い大雄院地区に「共楽館」が建設されました。共楽館の建設にあたっては、日立鉱山の鉱山技師が東京の帝国劇場、歌舞伎座などの劇場を視察した上で設計しました。共楽館は建物全体に和風の大屋根を被せており、正面には千鳥破風をしつらえてあります。天井は格天井、回り舞台も備えてありました。収容人員3000人といわれ、従業員たちの娯楽の充実をねらった施設です。

「久原が赤沢開発に乗り込んだ時、彼には大きな夢があった。自分の開くこの鉱山とその付近一帯の地に、浮世の荒波から忘れられた一つの桃源郷を造り出そう。そこには労資の相克とか、事業と地方の対立とか云ったものの全く見られない、全てが混然一体となった楽天地を想像しようというものである。ほほえましい夢と見る人もあろう。愚の類と考えるものもあろう。崇高な心構えと嘆ずる人もあろうが、果たして如何にこの夢は具現化したのか。」(日立鉱山史より)

【住民との対話で煙害を克服/世界一の大煙突を建設】
 急速な鉱山の発展によって、日立鉱山でも鉱害問題が深刻化しました。特に精錬所から出される排煙による鉱害は深刻で、一時期鉱山経営が危ぶまれるほどでした。
 赤沢銅山時代から、鉱山の排出する鉱毒水による住民被害が最も深刻な鉱害問題でした。日立鉱山の発展の中で、鉱山下流域の鉱毒被害はますます激化しました。
 こうした事態を受けて、日立鉱山は、被害を蒙った田畑の所有者に金銭補償を行いました。そして鉱毒水による被害が続く中、被害の著しい地区から半永久的に土地を借り受ける契約を結んだり土地の買収に乗り出しました。日立鉱山は、渡良瀬川の上流部にあって流域の広い範囲に鉱毒被害を広げることになった足尾銅山と異なり、わずか8キロの延長しかない宮田川流域の鉱山であり、鉱毒の被害を蒙った土地を借り受けたり、土地を購入するという手段を取ることが可能でした。つまり鉱山が鉱毒の被害地を占有するという形で、鉱毒被害を解決に導くことになりました。

 日立鉱山となって銅の生産高が急上昇する中で、製錬時に発生する亜硫酸ガスの煙害が深刻化しました。鉱山の内陸側にある中里村入四間(現日立市入四間町)では、早くも1906年に煙害が発生し、農作物の被害に対して損害賠償を求める運動に発展しました。この入四間の住民の中で煙害被害の交渉役となったのが関右馬允で、関の持つ鉱山と地域住民の共存共栄という考え方は、鉱山側の一山一家という家族主義的な経営思想と結びつき、加害者である日立鉱山と被害者側が第三者の介入や政治的解決を避け、当事者間の直接交渉で平和的な問題解決に当たることにつながりました。
 これは煙害被害地全体の運動の方向性と日立鉱山の煙害対策に大きな影響をもたらしました。
 しかし、1908年の大雄院製錬所の開設によって煙害被害は著しく拡大します。鉱山近隣のみならず被害が周辺の町村に拡大し始めました。1915年には茨城県北部の4町30村に被害が拡大しました。被害の拡大と深刻化は補償金額の不満と補償の遅れを招き、被害農民と鉱山側との対立が激化するに至りました。
 1912年と1913年には、茨城県北部で産する葉たばこに大きな被害が出ました。この頃には製錬所のある大雄院から鉱山の本拠地である本山付近にかけて樹木が全く枯れたハゲ山と化し、土砂の崩壊が相次ぐ事態になっていました。そして製錬所の西北の集落では、林業や農業が不可能な状態に追い込まれ、集落移転が話題となりました。
 日立鉱山側は激化する煙害反対運動に対して補償金を支払うことで対応を続けていましたが、その結果として補償金が膨れ上り、鉱山経営を圧迫するような事態に陥りました。日立鉱山近隣は、はげ山となったために土砂崩れが頻発して鉱山の操業に障害を与えるようになり、煙害は鉱山労働者やその家族の健康にも悪影響をもたらしていました。

 日立鉱山は、煙害が深刻化した1911年には神峰煙道(ムカデ煙道)を建設し、大雄院製錬所からの排煙は神峰煙道から排出されるようになりました。1912年に、政府から排煙中の亜硫酸ガス濃度を下げるように命令されため、低くて太い煙突(ダルマ煙突)を用いて亜硫酸ガスを希釈して放出する計画が実現された。しかし、この煙突も全く煙害防止の役に立たたず、このためダルマ煙突はいつしか阿呆煙突(アホウ煙突)とも呼ばれるようになってしまいました。
 そのような中、制限溶鉱が始められました。これは気象条件上農業被害が生じやすい時に溶鉱炉の運転を調整して、排出される亜硫酸ガスを押さえるという対策でした。

 煙害に対する有効な対策法が見つからず苦悩する中、久原房之助は大煙突の建設を決断します。久原のアイデアは「煙はまっすぐ上に昇るものなので、高い煙突から煙を排出すれば高層気流に乗って拡散して煙害は軽減される」というものでした。神峰山山頂で上層の気流について観測を行い、更に風洞での実験を踏まえ、大煙突建設計画は進められていきました。
 大煙突は1914年に農商務省に対して建設の許可を申請し、5月に建設許可が下りました。鉄筋コンクリートで造られた大煙突はこの年の12月末には完成し、翌1915年3月1日から使用開始されました。高さは当時世界一の155.7m。当時国内では技術が確立されていなかった鉄筋コンクリート製。工事で使用された足場丸太は3万本、作業した人の数は3万6840人に上りました。この大事業をわずか1年で完成させたのです。大煙突の完成によって、日立鉱山近隣の煙害は激減しました。

 しかし、梅雨時に多く見られる北東側からの風が吹くときは排煙が風下に流れて被害が発生し、また大煙突の上に逆転層が形成されるような時も排煙は上昇することなく地表に下り、被害が発生しました。そこで日立鉱山は、神峰山山頂を始め各地に気象観測所や観測見張所を設置して気象観測を行いました。観測データをもとに煙害発生が予報されると、制限溶鉱が実施され、排煙の量を減らしました。大煙突と気象観測に基づく制限溶鉱の組み合わせによる煙害防止策は着実な成果をもたらし、煙害は減少して日立鉱山が支払う補償金の額は減少していきました。

JX金属
 煙害の最終的解決は、排煙に含まれる亜硫酸ガスなどの有毒物質の除去技術の発達を待たなければなりませんでした。1936年に、コットレルという排煙中の煙塵を除去する装置が取り付けられ、1972年には、亜硫酸ガスから硫酸を製造する硫酸工場が完成。1951年には硫酸工場増設が行われて亜硫酸ガス濃度は、著しく低下しました。そして鉱石自体を燃料とする自溶炉による製錬が、1972年に開始され、亜硫酸ガスはほぼ全量回収して硫酸にすることが可能となり、67年の歳月を掛けて日立鉱山での煙害問題は終結しました。

「公害問題は常に新しい。それは、人類に背負わされた永遠の十字架にも似ている。科学の発達につれて、公害もますます多角化していく。
これを食い止めようと、いかに多くの人々が、血のにじむ努力と苦悩を積み重ねてきたことか。しかし、此の努力が人類の進歩をもたらす原動力となっていることを考えると、公害の問題は、むしろ、われわれに対して「克己」ということを教えてくれているとも言えよう。
日立鉱山についても同様のことが言える。煙害問題なしに鉱山の歴史は語れない。大正3年12月、当時、世界最大と言われた煙突を、日立鉱山が独自に完成して、此の問題に終止符を打つことができたのであるが、これは凡そ10年に亙る歳月、地域住民と共に苦しみ、悩み、そして自らの手で解決し得た貴重な経験であった。富士山が、ただ高いのではないと同様、日立鉱山の煙突も、ただ高いだけではないのである。」「日立鉱山煙害問題昔話」(関右馬允著、1963年)に寄せた久原房之助の巻頭言より


満開のオオシマザク
【荒れ果てた山林を植林事業で回復/日立市はさくらのまちに】
 日立鉱山では、煙害で荒れた山の植生を回復させる取組が行われました。煙害によって荒れ果てた山林に積極的な植林事業が展開されました。
 農事試験場が1909年に設置され、日立鉱山の煙害による植物への影響が研究されました。煙害に強い品種を選び出し、その種子を煙害被害地の農民たちに有償ないし無償で配布しました。また試験農場での研究によって、煙害は施肥の工夫によってかなり防ぐことができることが判明し、1911年、日立鉱山は被害農家に対して補償として肥料を支給することになりました。
 1910年には、日立鉱山は植林事業をスタートさせます。伊豆大島の三原山からの噴煙の中でも生長するオオシマザクラの植樹が進められました。また土砂崩壊を防止するために効果があるとされたヤシャブシの植樹も行い、好成績を挙げました。
 大煙突と制限溶鉱によって煙害対策が軌道に乗ると、日立鉱山は植林事業を大々的に取り組みました。当初、オオシマザクラを大量に植林しましたが、害虫対策などのため多種の植物をバランス良く植えることとになりました。日立鉱山の植林は鉱山の所有林ばかりではなく、国有林にも及び、煙害の被害を受けた山林所有者に対しても、無償で苗木を頒布しました。鉱山の苗木の無償配布は1937年まで続けられ、その数は513万本にも達しました。
 そしてオオシマザクラの植樹に始まった桜の植樹は、やはり日立鉱山の試験農場で苗木の育成が行われるようになったソメイヨシノが学校や社宅の近隣に植えられ、やがて日立市の各地に桜が植えられるようになりました。日立市は桜の名所として知られるようになり、現在、桜は日立市の花とされていいます。

平和通りのソメイヨシノ
【閉山後の日立鉱山】
 1981年、日立鉱山は閉山となりました。日立鉱山から離職した人々の多くは、日立市やその近隣で再就職して生活を続けました。閉山時の離職者の地元再就職率は80%パーセントを越え、これは日立製作所やその関連企業など、恵まれた労働市場が存在したことが最大の原因です。鉱山中心部であった本山地区は、最盛期には1万人を越えた人口が数十世帯にまで減少するという著しい過疎化が進行しましたが、閉山によって鉱山で働いていた人々が完全に四散するという事態は起こりませんでした。。
 1976年からは日立では、粗銅の精練は行われなくなりました。JX金属関連の工場として、銅箔、銅粉、コバルト関連製品を製造する事業所と、環境リサイクル関連の子会社事業所が、現在日立地区で操業しています。
 日立鉱山創業から80年目にあたる1985年、かつての日立鉱山の中心地であった本山地区に「日鉱記念館」が建設されました。日鉱記念館では日立鉱山の展示や日立鉱山から発展していった日産コンツェルンと日立製作所について、そして日鉱グループの事業などの貴重な資料が展示がされています。
 日立鉱山で働く労働者たちの憩いの場であった共楽館は、1965年に廃止となり、日立市に寄贈されて日立市武道館となりました。共楽館は1999年に登録有形文化財に登録されました。
 1993年2月19日に、日立鉱山の大煙突が突然、3分の1を残して倒壊し、市民に衝撃を与えました。当時、市民の中には大煙突の倒壊に驚き、涙を流し、意気消沈した人もいました。しかし、折れてもなお、大煙突は現在も現役。JX金属株式会社日立事業所の設備として稼働しています。
 日立鉱山は、鉱工業都市日立の発展とともに京浜地区に近い特性を生かして金属の供給源として重工業の発展に貢献したことが評価され、2007年に経済産業省が認定した、近代化産業遺産群33の中の「京浜工業地帯の重工業化と地域の経済発展を支えた常磐地域の鉱工業の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定されています。

四大鉱山年表