我が家の薔薇
 5月15日、生成型AI「ChatGPT4o」が登場しました。OpenAIのChatGPT4oは、スマホアプリなどからの自然な音声会話や、画像認識機能など、今までの生成型AIの中では、一線を画するものです。4月に発表されたGoogleのGemini 1.5 Proと、同じ写真を読み込ませて、ショートストリーを書いてもらいました。
プロンプトは「この薔薇の写真をもとに、心温まるショートストーリーを書いて下さい」です。

“小さなまちの小さな花屋の物語”
作:ChatGPT4o
とある地方都市に、小さな花屋がありました。この花屋は、町の中心部から少し離れた場所にあり、静かな住宅街の一角に佇んでいました。店の名前は「花咲く庭」。佐藤桜子さんが20年前に始めたこの店は、地元の人々に愛されてきました。
桜子さんの花屋の庭には、季節ごとに様々な花が咲き誇ります。その中でも、特に春に美しいのがバラの花です。今年も桜子さんは、淡いピンク色のバラを店先に並べ、通りかかる人々の目を楽しませていました。
ある日、桜子さんの花屋に、若い女性が訪れました。彼女の名前は、山田真奈美。最近、東京からこの地方都市に引っ越してきました。真奈美は、都会の忙しさから逃れ、この静かな町で新しい生活を始めることに決めたのです。
真奈美は、店先のバラに惹かれて花屋に足を踏み入れました。桜子さんは笑顔で彼女を迎え、バラの花言葉や育て方について丁寧に教えてくれました。真奈美は、その優しさと温かさに感動し、一束のバラを買って帰りました。
それからというもの、真奈美は頻繁に「花咲く庭」を訪れるようになりました。桜子さんと真奈美は、花の手入れや育て方について話すだけでなく、次第にお互いの人生についても語り合うようになりました。桜子さんは、真奈美の都会でのストレスや新しい環境への不安に耳を傾け、励ましの言葉を送りました。
真奈美は、桜子さんの話す過去の思い出や花に対する情熱に心を打たれました。二人の間には、年齢を超えた深い友情が芽生え始めました。
しばらくして、町で小さなイベントが開かれることになり、桜子さんは真奈美に協力を依頼しました。そのイベントは、地元の子供たちに花の魅力を伝えるワークショップでした。真奈美は快く引き受け、二人で準備に励みました。
ワークショップ当日、子供たちは目を輝かせながら桜子さんと真奈美の話を聞き、一緒に花を植えました。町の人々も集まり、和やかな雰囲気の中で交流が深まりました。その光景を見ながら、桜子さんと真奈美はお互いの存在に感謝し、これからも一緒に町を彩り続けることを誓いました。
桜子さんと真奈美が育てたバラは、今や町のシンボルとなり、季節ごとに美しい花を咲かせています。地元の人々は、その花を見て心を癒し、新たなエネルギーをもらっています。
「花咲く庭」は、今日も町の人々に愛され続け、桜子さんと真奈美の友情とともに、心温まる物語を紡いでいます。

“はなさんの薔薇の思い出”
作:Gemini1.5Pro
古びた茶色のフェンスに沿って、薄いピンク色の薔薇が咲き乱れていた。それは、かつてこの家に住んでいた老婦人が大切に育てていたものだ。
老婦人の名ははな。彼女はいつも庭に出て、薔薇に語りかけていた。「今日も綺麗だね。優しい色をしているね。」 薔薇たちは、はなの愛情を一身に浴びて、毎年美しい花を咲かせた。
しかし、はなが病に倒れ、この家を離れることになった。薔薇たちははながいなくなり、寂しそうに俯いていた。
数年後、この家に若い夫婦が引っ越してきた。夫の拓也は、庭の薔薇を見て、はなの話を聞き、心を動かされた。彼は、はなの薔薇を大切に育てようと思った。
拓也は、毎朝庭に出て、薔薇に水をやり、話しかけた。「おはよう。今日も元気そうだね。」 薔薇たちは、拓也の優しい声に励まされ、再び美しい花を咲かせ始めた。
ある日、拓也は、薔薇の中に一輪だけ、ひときわ大きく、美しい花を見つけた。それは、はなが植えた薔薇だった。拓也は、その花を見て、はなの愛情を感じ、涙がこぼれた。
拓也は、その花を摘み取り、妻の真由美にプレゼントした。「この薔薇は、前の持ち主のはなさんが大切に育てていたものなんだ。君にあげたい。」 真由美は、拓也の言葉に感動し、花を胸に抱きしめた。
それからというもの、拓也と真由美は、はなの薔薇を大切に育て、毎年美しい花を咲かせた。薔薇たちは、はなの愛情を受け継ぎ、拓也と真由美の愛を育み、この家を温かい光で満たした。
そして、はなの薔薇は、いつまでもこの家に咲き続け、人々に愛と希望を伝え続けるだろう。