日立電鉄線の存廃問題で、廃止に伴う代替バスの運行路線と停留所設置の最終案が、9月9日、日立市議会総務委員会に報告されました。
 基本路線は5つで、大みかや大沼、久慈浜、太田地区などに30カ所近いバス停を設置し、現日立電鉄線の利用者の利便性を確保することになっています。
 運行主体の日立電鉄バスは、今後、微調整を加え、県警や国土交通省と協議、9月中にもダイヤを入れた路線案を作成する予定です。その後、国交省へ11月末を目処に申請書を提出します。
 路線の基本は、電鉄線に沿った運行で、住宅地や病院、スーパー経由を考慮している。先に提示された内容に、久慈浜地区の路線が加わりました。
5つの予定基本路線
‖静脹悄歛膓供歹邱睫鄰鎮蓮鬱彁浜郵便局−大甕駅
太田駅−国道293号−日立南工業団地−南高野駅−久慈浜郵便局−大甕駅
G肋貳幡前−太田駅−大甕駅(直行便)
ぢ艨臼悄欒っ蔀鎮蓮殤型優札鵐拭質亜櫂汽鵐罅次歉鑪β寝豈悄欅樟遽悄歹立駅
イさかなセンター−久慈小前−大甕駅−大みか二丁目−大甕駅−久慈小前−おさかなセンター
 この五路線を基本に、朝夕は太田駅−馬場八幡前、水木駅乗り入れなどを運行されることになりました。
 停留所の新設は約30カ所で、以下のようになっています。
主な新設停留所予定地
大みか地区:日立商入り口、坂下公民館前、大甕小前
大沼地区:東金沢一丁目、県営金沢アパート前など
久慈浜地区:久慈浜コミセン前、本町十文字、行戸下宿など
太田地区:消防署前、岡田、川中子など
 今後、停留所に関しては地元住民との協議を行い合意を得る予定です。
(イラストは大みか・久慈地区のイ力線です)